タグ:宇部 イタリアン


TRATTORIA SUNMARUNO(トラットリア サンマルノ)

南イタリア・ナポリをイメージした宇部・常盤町のレストラン「TRATTORIA SUNMARUNO(トラットリア サンマルノ)」。この春イチオシのパスタなど、店主の丸野光洋さんに話を聞きました。

--「サンマルノ」さんといえば、モチモチ食感の生パスタが大人気ですね。春にオススメのメニューはありますか。

はい。2月から3月にかけて毎年恒例の季節限定パスタ「うっぽく竹の子と桜エビ煎り酒の和風味」をご提供します。

宇部特産のタケノコと、日本に古来から伝わる調味料「煎り酒」を使います。「煎り酒」とは、日本酒に梅干しを入れて煮詰めたもので、醤油が貴重だった時代に重宝されたそうです。竹の子の食感と桜エビの塩気をゆるやかにつなげて、香りを引き立ててくれます。

--「煎り酒」初めて知りました。イタリアンと和風のコラボレーションですね。

常連さんからも「今年も春が来たね」と好評をいただいております。宇部市が市内の飲食店とコラボした地産地消の取り組み「うべ食フェスタ」にも、このメニューで参加します。いつもメニューには季節感を取り入れるように工夫しています。

--季節感を取り入れた「地産地消」、素敵ですね。そのほかに、春の食材を取り入れたメニューはありますか。

その時々の旬に合わせて作るパスタ「季節野菜の和風味」に、この時期は菜の花を使用しています。菜の花は「野菜のグリル」や「フリット」にも使用しており、「その時期にあるもの」で美味しいものを提供できるように心掛けています。

--旬の味覚と合わせて楽しめるワインもたくさんありますね。

はい。約30種類ご用意しております。イタリア産ワインを中心に、フランス産やドイツ産など、自分で「良い」と思ったものを厳選しています。1本3,500円~4,000円前後が目安で、8,000円以上のものもご用意しています。そのほかのアルコールも充実しています。

--料理にもワインにも、丸野さんのこだわりがうかがえますね。

当店は「カジュアルなイタリアン食堂」をコンセプトに、お客さまに満足いただける味わいと居心地を考えてきました。駐車場も道路を挟んで9台設けていますので、安心してご利用ください。春先のランチタイムやディナーに、気軽に来ていただければうれしいです。みなさまのご来店をお待ちしています。


TRATTORIA SUNMARUNO(トラットリア サンマルノ)

宇部・常盤町のレストラン「トラットリア サンマルノ」。5周年を迎えたオーナーシェフの丸野光洋さんに話を聞きました。

--まずは5周年おめでとうございます。

ありがとうございます。2013年6月9日のオープン以来、常に「より良くしていくこと」をモットーにしてきました。料理の素材からこだわり、雰囲気を演出する食器から空間まで、少しずつ変化を加えてきました。紆余曲折ありながらも、支えてくださっているお客さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

--看板メニューの生パスタもさることながら、一品料理にも力を入れているそうですね。

当初は「生パスタの店」として打ち出し、お客さまにもそのイメージを持っていただいてきましたが、2年ほど前からは一品料理にも力をいれています。素材は地元産が中心です。魚・肉料理は、日替わりや旬に合わせて提供しており、ワインとの相性もバッチリです。

今は「低温調理」で作る料理に凝っていて、57度で3時間かけて火を通す「サーロインのローストビーフ 赤ワインソース」(1,200円)や「鴨肉のグリル 白ワインソース」などをご用意しています。

--5周年を記念したメニューがあるそうですね。

低温調理で作るローストビーフを使った「ローストビーフピザ」です。ビール酵母を使って自家製で作るピザ生地で、カリッとモチっとする食感と一緒にジューシーなローストビーフの肉感も味わっていただけます。

また6月9日から1週間は、自家製で作る「ジンジャーエール」をご来店の皆さまにサービスさせていただきます。どちらもぜひお楽しみに。

--今後について意気込みをお願いします。

はい。6月からは、グランドメニューをリニューアルする予定です。より様々な利用シーンでご利用いただけるよう、特にドリンクメニューは拡充させたいと思っています。もっと手の込んだ料理もご提供できるようにしたり、イベントに出店したり、もっと当店を知っていただきたいと思います。気持ちを新たに、6年目も頑張っていきたいです。


イタリア料理 卯月

畑から直送された野菜で作るイタリアンを提供する宇部・鵜の島の「イタリア料理 卯月」。オーナーシェフの伊藤将徳さんに、こだわりを聞きました。

uzuki_1--「卯月」はパスタのイメージがありますが、お店のコンセプトを教えてください。

当店のコンセプトは、「季節野菜を中心にしたイタリアン」です。市内の契約農家から仕入れる野菜と、私の実家の菜園で栽培している旬の野菜を使った料理を提供しています。素材の味が丸ごと楽しめる調理法でご提供することもこだわりです。

--ランチタイムには、コースが楽しめるのですね。

はい。週替わりのパスタをメインに、前菜盛り合わせ・野菜の冷製スープ・自家製フォカッチャ・自家製デザート盛り合わせ・ドリンクが付く「パスタランチ」(1,450円)と、それに肉か魚のメインが付く「おすすめランチ」(2,000円)、さらに肉と魚両方が付く「こだわりランチ」(2,700円)を提供しています。

肉料理では「豊後糖蜜豚と夏野菜のロースト」、魚料理では「黒鯛のソテー アンチョビバターソース」などを日替わりで用意します。

uzuki_2--イチオシのコースを教えてください。

やはり「おすすめランチ」ですね。パスタは3種類から選ぶことができ、今の時期だと例えば「オイルサーディンとオクラのスパゲッティ」「白身魚とバジルのトマトソーススパゲッティ」「鶏ミンチと木の子のクリームスパゲッティ」などがあります。

--客層やお店の特徴などを聞かせてください。

はい。ランチタイムは主婦層やご年配の方、ディナータイムはビジネスマンや若いカップルなど、世代などを問わずにお越しいただいているのが当店の特徴です。夜はアルコールも提供していますので、飲み会での利用ももちろん可能です。お客さまの顔を見ながらのこまめなサービスを心掛けていますので、小さなお子さま連れのご家族もご気軽にご来店いただけます。

uzuki_3--お店はオープンから9年目ですね。

はい。2008年4月にオープンし、今春に8周年を迎えました。私は洋食が出身で、居酒屋やパティシエなども経験してきました。当店では、フォカッチャからドルチェまで、これまでの経験を全て生かして手作りしています。サプライズでのお祝いなどには、当店でホールケーキのご用意も可能ですので、お気軽にご相談ください。

これから秋が深まると、根菜を使ったメニューが豊富になってきます。今後も、野菜で季節感を感じていただける料理を提供していきます。


鉄板伊酒屋 Calcio(カルチョ)

宇部・中央の「鉄板伊酒屋 カルチョ」。この冬のおすすめコースについて、店主の中川五鯨さんに話を聞きました。

calcio_1--11月でオープンから2周年を迎えますね。おめでとうございます。

ありがとうございます。オープン以来、幅広い年齢層のお客さまにお越しいただいています。イタリアンと鉄板焼きを融合した店だということや、カウンター以外は全て個室だということも広く知っていただくことができました。仲間内やカップルでのご来店をはじめ、会社関係でのご利用も目立ちますね。

--この冬におすすめのコースメニューについて教えてください。

はい。一番のおすすめは当店の人気メニュー目白押しで味わえる「カルチョ満喫コース」(3,500円)です。

内容は、「枝豆ぺペロンチーノ風」に「パルマ産生ハムサラダ」、「鉄板大アサリ」、「厚切り葱タン塩焼き」、「厚切りベーコン」、「若鶏のセセリ焼き」、「揚げ出し豆腐」、「ガーリックライス」、そしてデザートの9品です。当店の人気メニューや、ぜひご賞味いただきたいメニューばかりをラインアップしたコースです。

calcio_2--そのほかにも何かおすすめのメニューがありますか。

はい。もう一つ、冬にぜひ食べて頂きたいおすすめのコースメニューがあります。今の季節にはぴったりの「もつ鍋」をメーンにした「もつ鍋コース」(3,500円)です。

内容は、「枝豆ぺペロンチーノ風」に「パルマ産生ハムサラダ」、「鉄板大アサリ」、「厚切り葱タン塩焼き」、「長州鶏の唐揚げ」、「みそもつ鍋」にシメの「チーズリゾット」、デザートのアイスをお楽しみいただける体も温まるコースです。

両コースとも、当店の人気ナンバーワンの「厚切り葱タン塩焼き」に人気ナンバーツーの「鉄板大アサリ」を両方お召し上がりいただけます。「満喫コース」でお出しする「ガーリックライス」も好評です。

--コース料理が同じ値段で選べるのがうれしいですね。

calcio_3そうですね。当店の魅力もたくさん味わっていただきながら、しかもガッツリと食べていただけます。飲み放題は90分間1,500円でご用意していますので、思う存分に楽しんでいただけると思います。

--この冬も多くの方にご利用いただきたいですね。

はい。当店では、値段の高いイメージのある鉄板焼きを気軽に楽しんでいただきたいと思っております。気分やお料理に合わせたワインもご提案いたしますので、この機会にぜひお越しいただければと思います。


鉄板伊酒屋 Calcio(カルチョ)

鉄板焼きとイタリアンが融合した鉄板居酒屋「カルチョ」。人気メニューや同店の楽しみ方について、オーナーの中川五鯨さんに話を聞きました。

calcio_1--カルチョさんの人気メニューを教えてください。

一番人気なのは、「厚切りねぎタン塩焼き」(1,580円)です。カウンター前の大鉄板で作ってご提供するのですが、食べ進めるごとにうま味が増すとご好評をいただいています。そのほか、通常のアサリよりも数倍大きい肉厚な国産大アサリを使う「鉄板大アサリ」(700円)や、シメに食べたくなる香ばしい「ガーリックライス」(550円)も人気メニューです。

--こだわりは何ですか。

シンプルな調理法で素材そのものの味を知っていただきたいので、素材選びにはこだわっています。お肉は、ほどよい霜降りと赤身が堪能できる宮崎産のA4ランク、野菜は地元の八百屋さんと相談しながら季節ごとに旬の食材を仕入れています。

調理するときには食材によって調理する温度を変え、最適な仕上がりになるようにしています。心を込め、鉄板の上では丁寧に扱うことを心掛けています。

calcio_1--ワインのラインアップも豊富ですね。

はい。イタリア産の赤ワインを中心に、常時40本のワインをご用意しています。3,000円~4,000円のラインがよく出ますが、お召し上がりいただいている料理とお客さまのお好みや気分に合わせてご提案させていただいています。もちろん、ビールやサワー、ウイスキー、日本酒などドリンクは約100種類をそろえています。

--店内にはVIPルームがあるそうですね。

はい。お祝い事などの「特別な日」にご利用いただけるソファー室のVIPルームを設けています。最大30名までの宴会も受け付けています。当店では1階と2階が客席で、6席のカウンター以外は全て個室です。10名まで入れる部屋が5部屋あります。

calcio_3--これからの忘年会・新年会のシーズンにぜひご利用いただきたいですね。

そうですね。イタリアンテイストを盛り込んだ鉄板焼は、なかなか無いと思いますので、ぜひご利用いただければと思います。ゆっくりとした時間の流れる店なので、雰囲気から楽しんでいただけると思います。当店の癒しの空間を通じて、食事をする楽しさも伝えていきたいですね。


TRATTORIA SUNMARUNO (トラットリア サンマルノ)

6月にオープンから1周年を迎えた宇部のレストラン「トラットリア サンマルノ」。オススメのメニューやオープンからの1年についてオーナーの丸野光洋さんに聞きました。

sunmaruno_1--まずはオープン1周年、おめでとうございます。

ありがとうございます。東京からUターンし、南イタリア・ナポリをイメージした「イタリアン食堂」としてオープンしました。「より良く」を求め続けた1年でしたが、おかげさまで多くの方にお越しいただいています。

この1年を振り返ると、盛り付け皿をデザイン性の高いものに変更したり、ボトルのみで提供していたイタリア産ワインをグラスでも提供するようにしたり、パスタメニューも値段を据え置いて具材の量や質を改善するなど、現状に満足せずに試行錯誤を繰り返してバージョンアップしてきました。

--おすすめメニューを教えてください。

おすすめは、魚介をふんだんに使ったトマトソースの「ペスカトーレ」です。パーナ貝やエビ、タコ、イカ、アサリの5種類の海の幸をたっぷり使っています。食材は季節によっても変わりますが、魚介のエキスをたっぷりと入れています。パスタはフェットチーネにも変更できます。

sunmaruno_2--コースメニューでは「Bコース」が人気だそうですね。

はい。「Bコース」(1,800円)はランチ・ディナーともにご提供しているコースで、前菜6種盛と「今週のパスタ」、ドリンク、本日のデザートが付きます。パスタは、「今週のパスタ」以外からもお選びいただけます。ペスカトーレ(単品1,300円)の場合は2,250円になります。

前菜はプレートでご提供しています。写真は「自家製ピクルス」や「生ハムとグリッシーニ」、「鯛のカルパッチョ」や「カポナータ」、「季節野菜のサラダ」の5種類を盛り合わせました。ボリュームもあり、お客さまにはとても好評です。デザートは自家製の「クリームブリュレ」。とろりとした食感と表面の焼き加減がポイントです。

--夏に向けた新メニューは何かありますか。sunmaruno_3

はい。今年は「冷製パスタ」を始める予定です。内容は来店されてからのお楽しみです。

これからも少しずつさらに食材を良くし、感動が生まれる店にしていきたいと思っています。お客さまのご要望も取り入れながら2年目も頑張っていきます。