タグ:宇部 カフェ


Cafe Smiley しゅん/NANICOCO DINING BAR

宇部でトレンド料理を食べるなら「Cafe Smiley しゅん」。夕方からはダイニングバー「NANICOCO DINING BAR(ナニココ ダイニングバー)」に変身し、コストコ商品を使う料理やお酒をご提供します。夜営業や新メニューについて、オーナーの小野学さんに聞きました。

--お店が6月に1周年を迎え、同時期から夜営業が始まりました。隣接するコストコ商品販売店「何ここ?マーケット!」とコラボして、昼と違う料理を提供されるそうですね。

はい。ランチやスイーツを「ここにしかないオリジナリティ」にこだわって提供しながら、「夜営業を始めたい」とずっと考えていました。今回、コラボして「他にはないダイニングバー」を始められたことがうれしいです。

--ダイニングバーでは、どのような料理が食べられますか。

肉料理が中心です。コストコの肉は脂がしつこくなくて食べやすいんですよ。「やわらかカルビ」(980円)、「タン塩」(1,080円)、「やわらか鶏」(780円)、「すき焼き風やわらかカルビ」(1,100円)はシンプルに焼いて提供します。味つけは、自家製のタレや塩コショウ、燻製ダレ、ガーリックソルトなど7種類からお選びください。

ほかにも、チーズがとろける「やわらか鶏のチーズタッカルビ」(1,380円)、「プルコギ」(980円)、「ホルモン塩ダレ焼き」(700円)など、オリジナルメニューも含めて15種類以上をそろえ、昼に提供する生パスタやオムライス、カレーライスなどもご注文いただけます。

ドリンクは、ノンアルコールも含めて50種類以上。「コストコの食材を食べてみたい」「少し変わった料理をつまみながら飲みたい」という方にご来店いただければと思います。

--夜営業と合わせて、夏に注目を集めるのが「ふわっふわかき氷」。こちらも他にはないかき氷だそうですね。

はい。県内唯一のかき氷機を使う、ほんのり甘い味でふわふわした食感のかき氷です。当店の名物の一つで、昨夏は月間400~500杯が売れました。溶けにくいので小さなお子さまがゆっくり食べても安心ですし、テークアウトのご注文も多くいただいています。

--味やトッピングを変えて全12種類あると聞きました。詳しく内容を教えていただけますか。

 シンプルな「ふわっふわかき氷」(482円)と、かき氷とソフトクリームが味わえる「極(きわみ)」(782円)は、いちご・マンゴー・チョコ・黒蜜きなこの4種類。トッピングやミニアイスを乗せる「デラックス」(682円)は、いちごみるく・ごろごろマンゴー・チョコいっぱい・ふわふわティラミスをご用意しています。(写真は「デラックス(チョコいっぱい)」)

「極」と「デラックス」はスイーツやパフェ感覚で食べられるほど、しっかりとボリュームがありますよ。

--従来のかき氷とは全く違いますね!新しいメニューが次々登場する「カフェスマイリーしゅん」の最新メニューも教えていただけますか。

タピオカメニューが続々登場しています。ドリンクでは「タピオカミルクティー」(420円)や「タピオカいちごミルク」(680円)があり、カフェオレやジンジャーエールなどにも変更できます。さらに、当店らしくアレンジしたスイーツ「タピオカソフトクリーム」(520円)も、全てテークアウトに対応しています。

--ランチ、カフェ、ディナータイムと、それぞれ違った利用ができそうです。今後が楽しみですね。

ありがとうございます。皆さんに喜ばれるような新しいチャレンジを続けていきます。

当店は「PayPay」でのお支払いに対応し、8月はランチタイム(11時~14時)のお支払いを対象にしたキャンペーンを行っています。優遇ユーザーなら最大20パーセントが戻ってくる、お得な期間ですのでご利用ください。
>>PayPayのキャンペーンについて、詳しくはこちら


古民家 倉~sou~

宇部市北部の里山にある「古民家 倉~sou~」は、五感で季節を感じられるレストラン。腕利きのフレンチシェフが、四季折々の地産食材を使った料理をご提供します。この春リニューアルしたコースの内容について、店長の下井恭子さんに聞きました。


--今年3月にコースの内容を刷新されたそうですね。

はい。ここ3年ほどフレンチのコースを提供していましたが、リピーターのお客さまに新鮮さを感じていただけるように内容を改めました。

楠こもれびの郷の農産物直売所「四季菜市」で仕入れた朝採れの野菜や果物を使うことに変わりはありませんが、今回は初めてパスタがコースに加わりました。

--詳しい内容を教えてください。

ランチコースは、お好みやご予算に合わせてお選びいただけます。「セレクトコース」(2,000円)は、宮崎県産おいも豚、長州黒かしわ、山口県近海で獲れた魚の3種類からメイン料理を選べるコースです。「宇部牛コース」(3,000円)は芳醇な宇部牛がメインとなります。

どちらのコースもメイン料理に、野菜たっぷりのサラダ、パン、シェフおまかせのパスタ、デザートプレート、コーヒーか紅茶が付く全6品。味わいにもボリュームにもご満足いただけます。

--パスタ好きの方は多いので、新しいコースも喜ばれそうですね。

そうですね。好評でうれしく思っています。パスタは吟味した上でもちもちの生パスタを使っています。現在は船木の「三浦農園」のトマトで作るトマトソースパスタを提供していますが、仕入れによって使う食材は変わるので、その時々の味を楽しみにしてください。

--そのほかのメニューも教えてください。

シェフのフルコースを堪能できる「シェフおまかせコース」(5,000円~)、小規模な法事の後にご利用いただける「ご法事会食コース」(4,000円~)もあり、どちらもご予約制になっています。コースに合わせた準備が必要なので、お早めのご予約をよろしくお願いいたします。


--14時以降はカフェ営業もされていますね。

はい。時間を忘れてしまうような空間ですから、自家製デザートを盛り合わせた「デザートセット」(ドリンク込みで1,000円)で昼下がりのティータイムをゆっくり過ごすのもいいと思います。

新登場の「SOUのアイスクリーム」(500円)は濃厚なバニラアイスに、味わいの違う一口アイス数種類をトッピングするデザートで、暑い夏場に向けたイチオシメニューです。楠こもれびの郷で入浴して、お帰りの前の一休みにもぜひどうぞ。

--5月で6周年を迎えられました。おめでとうございます。

ありがとうございます。こうして6周年が迎えられたのは、ひとえにお客さまのご愛顧あってのことです。ご来店いただいたお客さまからお友達へ、さらにそのご家族へ、と口コミで輪が広がっていることをうれしく思います。

シェフもスタッフも試行錯誤を重ねながら、真心こめたおもてなしに努めています。自然に囲まれたレストランでしあわせを感じていただければ幸いです。

当店は現在、土曜・日曜・祝日勤務の短期アルバイト(5月~9月まで)を募集しています。接客や調理のサポートに興味がある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。


Cafe Smiley しゅん

2018年5月、宇部・厚南にオープンした「Cafe Smiley しゅん」。オーナーの小野学さんに、お店のメニューなどについて聞きました。

--店内はナチュラルで過ごしやすい雰囲気ですね。ご利用の様子はいかがですか。

厚南エリアに住む人たちや女性グループを中心に来店があり、時にはビジネスマンがコーヒーを片手に昼下がりを過ごされたり、地元の子どもたちが足を運んでくれたりと、和やかに営業しています。

明るいキッズスペースを設けているので、小さなお子さま連れにも喜んでいただけて、私としてもうれしい限りです。

--小野さんは開業前からカフェ巡りやスイーツ作りが好きだったそうですね。まずは、こだわりのフードメニューについて、聞かせてください。

Aランチ「明太子生パスタ」、Bランチ「ツナとトマトの生パスタ」、Dランチ「ユッケジャンつけ麺」(以上1,280円)、Cランチ「ふわふわバタートースト」(780円)のランチセットをご用意しています。メイン料理に加え、ABDランチは2種の前菜、スイーツセット、ドリンクが付き、Cランチはスイーツセットとドリンクが付きます。

パスタは10月から、表面に凹凸がある「プレミアム生パスタ」を使い始めました。ソースがしっかりと絡まるので、味わいはより濃厚に感じられます。前菜に代えて麺を2倍(260グラム)にすることも可能なので、ご注文の際におっしゃってください。それぞれ単品でのご注文も承ります。

--この秋から、新しいスイーツメニューも加わりましたね。

はい。まずは、手作りのパウンドケーキとマシュマロを交互に刺した串スイーツ「ちょこまろ」(980円)です。長さはなんと30センチほどで、チョコソースやチョコスプレー、白ゴマはかけ放題。セルフデコレーションして、楽しみながらお召し上がりください。

あつあつふわふわのバタートーストに、冷たいソフトクリームを組み合わせた「る・パン」(680円)もオススメの商品です。コーヒーにも合い、大人も子どもも大好きな味わいだと思います。

10月に入り、体があたたまる新メニューも始めましたよ。

--そうなのですか。ぜひ詳しい内容を教えてください。

やさしい味付けの「オニオングラタンスープ」(580円)です。タマネギをたっぷり使った玉子スープに、チーズバケットを浸しながら味わってみてください。数量限定でご用意し、ドリンク、ライス、スイーツセット付きの「ランチセット」(1,080円)にすることもできます。

--冬場にかけて、喜ばれそうですね。

ありがとうございます。14時以降は「サービスタイム」として、コーヒーや紅茶などのソフトドリンクを全て100円でご提供しているので、ランチのご利用はもちろんですが、ひと息つける空間としてもご来店いただきたいです。

11月に向けて「自家製カレー」も試作中で、お客さまに喜ばれるような企画も考えているところです。今後の取り組みにもご期待ください。

 


TRATTORIA SUNMARUNO(トラットリア サンマルノ)

宇部・常盤町のレストラン「トラットリア サンマルノ」。5周年を迎えたオーナーシェフの丸野光洋さんに話を聞きました。

--まずは5周年おめでとうございます。

ありがとうございます。2013年6月9日のオープン以来、常に「より良くしていくこと」をモットーにしてきました。料理の素材からこだわり、雰囲気を演出する食器から空間まで、少しずつ変化を加えてきました。紆余曲折ありながらも、支えてくださっているお客さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

--看板メニューの生パスタもさることながら、一品料理にも力を入れているそうですね。

当初は「生パスタの店」として打ち出し、お客さまにもそのイメージを持っていただいてきましたが、2年ほど前からは一品料理にも力をいれています。素材は地元産が中心です。魚・肉料理は、日替わりや旬に合わせて提供しており、ワインとの相性もバッチリです。

今は「低温調理」で作る料理に凝っていて、57度で3時間かけて火を通す「サーロインのローストビーフ 赤ワインソース」(1,200円)や「鴨肉のグリル 白ワインソース」などをご用意しています。

--5周年を記念したメニューがあるそうですね。

低温調理で作るローストビーフを使った「ローストビーフピザ」です。ビール酵母を使って自家製で作るピザ生地で、カリッとモチっとする食感と一緒にジューシーなローストビーフの肉感も味わっていただけます。

また6月9日から1週間は、自家製で作る「ジンジャーエール」をご来店の皆さまにサービスさせていただきます。どちらもぜひお楽しみに。

--今後について意気込みをお願いします。

はい。6月からは、グランドメニューをリニューアルする予定です。より様々な利用シーンでご利用いただけるよう、特にドリンクメニューは拡充させたいと思っています。もっと手の込んだ料理もご提供できるようにしたり、イベントに出店したり、もっと当店を知っていただきたいと思います。気持ちを新たに、6年目も頑張っていきたいです。


Sazanami Factory Kitchen(サザナミファクトリーキッチン)

宇部・あすとぴあの照明器具工場・ブルーウェーブテクノロジーズに併設されている「sazanamiファクトリーキッチン」。大人気の社食ランチなどについて、運営担当の香川一美さんに話を聞きました。

 --一般にも開放されている「社食ランチ」が引き続き、好評ですね。

ありがとうございます。2014年のオープン以来、口コミでご好評をいただき続け、今でも70席が連日満席になるほどのにぎわいです。当社社長の「仕事はランチから」という考えの下、地域の方々にもバランスの取れたランチを召し上がっていただきたいと、平日限定で営業しています。

 --素材にもこだわられているそうですね。

はい。和食出身の料理長が「地産地消」にこだわった手作りの料理を提供しています。メニューは、シンプルに調理した季節素材の料理がメイン。魚料理に肉料理、炒め物や卵料理、刺身もあるんです。ランチで刺し身まで食べられるのは、なかなかないのではと思います。

「選べる日替わりランチ」としてご提供しており、それらの日替わりの料理8品から2品か3品メインが選べ、小鉢にスープ、ご飯が付きます。価格は2品=650円、3品=850円です。

--この空間を利用し、週末にカフェ営業できる人を募集されているそうですね。

はい。1月から自社運営で土曜・日曜限定のカフェ営業を行いましたが、より広く多くの方に活用をしていただきたいと方向を変えることにし、今は体制の立て直しで一旦お休みしています。

今後は、週末に厨房や空間を丸ごと貸し出し、「チャレンジカフェ」として、カフェや飲食店の運営・出店をしてみたい人を募集し、協力し合って運営していこうと思います。現在、チャレンジしたい人を募集しています。

「自分でカフェを運営するのが夢」という一般の方から、現在営業中の飲食店さんが「アンテナショップ」として使われるのも大歓迎。土曜・日曜のみの営業なので、気軽にご相談いただければうれしいです。地元の企業として、幅広い方に貢献できる取り組みをしていきたいと思います。


And green(アンドグリーン)

今年4月にオープンした、宇部・ときわ公園内のカフェ「And green」。新しいメニューなどについて、店主の二村友香さんに話を聞きました。

--大きく開けた窓から、常盤湖や木々が眺められて開放的ですね。

私は市内で生花店「Ever green」も経営しているので、店内に植物をたくさん飾ってナチュラルな空間を演出しています。窓の外の景色も含めて、あたたかい店内でゆっくりと自然を楽しんでいただければと思います。料理は今秋から、日替わりでテーマに合わせて提供しています。11月末からは新しいテーマ「気まぐれランチ」が加わりました。

--「気まぐれランチ」の日は、どのようなメニューを提供されるのですか。

寒い季節ですからホッとできる料理を提供しようと思っています。例えば、誰でも馴染みのある「親子丼」や「ビーフシチュー丼」、鶏だしを使ったあっさりスープの「フォー」、白に近い色のスパイスだけで作るまろやかな「ホワイトカレー」などが登場します。その日の内容は店頭で確認できるので、お楽しみに。

--薬膳料理がテーマになる日もあるそうですね。

はい。薬膳メニューは、国際中医薬膳師の三戸泰子さんが監修し、生薬のエキスを使いながらも食べやすい味に仕上げています。料理はその日の体調や体質に合わせて選ぶことができ、「体がポカポカする」と好評なんですよ。

薬膳カレーは、鶏肉・豚肉・牛肉・エビの4種類です。誰でも食べやすい辛さで、手足が冷える方には陽虚タイプのエビ、乾燥が気になる方には陰虚タイプの牛肉がオススメです。

薬膳パスタ(以上980円)は、ホウレンソウ・トマト・くりまさる(カボチャ)・レンコン・竹炭を練り込んだ5種類です。倦怠感を緩和したい、デトックスしたい、など体の調子に合わせてご注文いただけます。ソースはトマトとクリームの2種類です。

--完全予約の薬膳メニューもあるそうですね。

健康志向の女性に人気がある「中医美容膳」(1,480円)です。あたたかいサムゲタンをメインに、健康と美容を考慮した小鉢や薬膳茶など全10品が楽しめるランチコースです。事前のご予約をお待ちしています。

--新しいカフェメニューも登場したと聞きました。

そうなんです。「選べるケーキセット」(500円)を始めました。ケーキは日替わりでご用意する約4種類の中から2種類を選ぶことができ、コーヒーか紅茶が付きます。ガトーショコラやガトー抹茶、ナッツやココナッツの入ったケーキなどをご用意するので、昼下がりの時間もぜひご利用ください。


古民家カフェ 倉~sou~

フレンチシェフが腕を振るう、楠こもれびの郷の古民家レストラン「古民家 倉~sou~」。四季を感じるランチコースなどについて、店長の下井恭子さんに聞きました。

--お店の目の前には田園風景が広がり、ゆっくりと時間が流れていますね。

四季折々の景色が楽しめるロケーションも魅力の一つで、築120年の古民家も味わいがあります。味覚でも四季を感じていただけるよう、旬の地元食材を使ったお料理をご提供しています。シェフは素材の味を生かすやさしい味わいにこだわっており、遠方からお越しになるファンも多いんですよ。

--食材はどこから仕入れられるのですか。

楠こもれびの郷の農産物直売所「四季菜市」から新鮮な野菜や果物を仕入れ、お肉は宇部牛や長州どり、魚は宇部・吉部の魚屋さんで買い付けます。その日仕入れた材料によって内容は変わるので、いつ来ても違った味を楽しんでいただけますよ。

この時期は、里芋や赤カブ、レンコン、安納芋といった根菜をはじめ、白菜や原木シイタケなど、地元で採れた野菜をふんだんに使っています。

--ランチタイムのメニューを教えてください。

前菜、スープ、地元野菜たっぷりのサラダ、パン、本日の魚料理、本日の肉料理、デザート、コーヒーか紅茶、と全7品のフレンチフルコースです。2,000円コースの肉料理は宮崎県産のおいも豚などを使っています。3,000円コースでは貴重な宇部牛を使うほか、前菜やデザートもグレードアップし、より贅沢な内容になっています。

ハーブを使い分けて素材の旨みを引き出し、気持ちが華やぐような見た目の美しさにもこだわっています。14時からはカフェ利用もでき、季節の果物を使ったデザートプレートもございます。気軽に立ち寄って、日常を忘れられる時間を満喫していただきたいです。

--今年のクリスマスも特別なディナーを用意されるそうですね。

はい。12月23日~25日に提供する「クリスマスディナー」(7,000円)は、既にご予約の受け付けが始まっています。コースの料理についてはシェフが考えているところですが、肉料理には貴重な宇部牛を使う予定です。そのほか、3日間限定の贅沢な内容でご用意しますので、日中とは異なるムーディーな雰囲気と共にクリスマスの夜をお楽しみください。


びばCaFe Ayameno(アヤメノ)

2016年8月にオープンした宇部・若松町の欧風料理店「びばCaFe Ayameno(アヤメノ)」。お店のこだわりや新しく始まった「お昼のコース」などについて、店主の久行譲さんに話を聞きました。

ayameno_1--オープンおめでとうございます。まずはお店のコンセプトを聞かせてください。

ありがとうございます。当店は「真剣料理のおしゃれなカフェ」をコンセプトに、味は本格的ながらも敷居の高くない雰囲気づくりと、日常的に使いやすい価格設定を心掛けています。さまざまな飲食店で25年間培った経験を生かし、欧風料理をメインにデザートまで一皿一皿心を込めて手作りしています。

店内は重厚感あるレトロな雰囲気で、カウンターでゆっくりと食事をしたり、にぎやかにパーティーをしたりと様々な場面でご利用いただけます。忙しい日々を過ごしている方も多いと思いますが、ここでは心落ち着く時間を過ごし、食事を通して喜びを感じてもらえればうれしいです。

駐車場もございますので、お車でお越しの方はお声掛けください。ayameno_2

--11月中旬からランチタイムのコースが始まったそうですね。

オープン以来、ランチタイムには「日替わりランチ」「パスタランチ」「ピザランチ」(以上、700円)とリーズナブルな3種類のセットをご提供しています。今回は「昼もしっかりとコースで味わいたい」という声にお応えし、クリスマスや忘年会シーズンを前に少しリッチな「お昼のコース」を作りました。

--詳しい内容を教えてください。

日替わりの前菜3種、薄切りのサーロインステーキをたっぷりの野菜と一緒にサラダ感覚で味わう「タリアータ」、ブラックタイガーやホタテを串焼きにした「シーフードのブロシェット」に、パン、日替わりデザート、コーヒーか紅茶が付いて1,800円(税込み)です。

一皿一皿にボリュームをもたせ、野菜も肉も海鮮も楽しめるコースにしました。ご利用は2名からで、前日までの予約をお願いします。ゆっくりと会話を楽しみたい女子会や、少し特別な日のランチにぜひご賞味ください。

--デザートまで丁寧に作られていて満足できそうです。オススメのお酒もあると聞きました。

ayameno_3ダークチェリー風味のベルギービール「ベルビュー・クリーク」(540円)です。スッキリとした味わいと深い甘みが特徴で、肉料理にも濃厚なガトーショコラにもピッタリです。生ビールで提供しているお店は珍しいと思いますよ。こちらは2時間の飲み放題メニュー(2,000円)でも楽しめます。

--オープンから数カ月ですが、メニューが充実して年末もにぎやかになりそうですね。

そうですね。ランチコースの登場で、また新たなお客様に喜んでいただければうれしいです。夜には国産牛サーロインステーキ、パスタ、ピザなど全7品の「Ayamenoコース」があり、ワインもいろいろとご用意しております。もちろん単品料理もいろいろとございますので、お気軽にお立ち寄りください。


カフェテリア Bar Miel (バルミエール)

ときわ公園内と宇部・あすとぴあに2店舗を構えるカフェ「バルミエール」。同店の酒井さんと谷さんに話を聞きました。

barmiel_fb-2--「ぐうですカフェ&フーズ」のオープン、おめでとうごいます。

酒井さん:ありがとうございます。宇部・あすとぴあに6月5日にオープンしました。「自然」と「ふれあい」をコンセプトに、無農薬で地元生産者が作る素材を中心としたメニューを提供していきます。広々とした店内にはカウンター9席、テーブル席16席をそなえました。ランチ、カフェと時間に応じて気軽に利用していただけます。

--どんなメニューがありますか。

酒井さん:メニューは、当店のスタッフが心を込めて手作りでご用意します。メニューは、「野菜たっぷりキッシュ」(800円)やスープやサラダなどが付く「こだわりハンバーグ」(1,300円)、「サンドウィッチプレート」(650円)などのほか、テークアウトできるジェラートや自家製のハチミツを使った「ブルーベリーサワー」やコーヒーなどのドリンクもご用意します。数量限定でパンも販売します。

barmiel_2-2店内には、ひとつひとつ手作りしたバッグやTシャツなどの作品の販売コーナーも設けて、皆さんにご紹介していきます。

--ときわ公園内の「ときわ遊園店」は1周年を迎えましたね。

谷さん:ありがとうございます。昨年4月6日にオープンし、「安全安心」をモットーにした手作りのメニューを提供してきました。土曜・日曜には家族連れを中心に多くの方に園内の休憩の場としてご利用いただいています。

--新メニューについて教えてください。

谷さん:動物園にちなんだアレンジニューの提供を始めました。その名も「おさるさんカレー」(650円)です。自家製カレーに、かわいらしくサルをかたどったチェダーチーズ入りのスライスチーズを乗せ、ライスもサルのかたちにして仕上げたメニューです。動物園の当日券か年間パスポートのご提示で1日限定30食でご提供しています。

barmiel_1当店の甘口カレーは、ハチミツやチャツネを入れてお子さまからご年配の方まで召し上がっていただけるように、コクのある甘口にしていますので安心してお召し上がりいただけます。中辛も好評です。

--両店で提供するジェラートの種類は豊富ですね。

谷さん:はい。現在は、ミルク、チョコレート、いちごみるく、抹茶と新フレーバーのチョコバナナ、アーモンド、マンゴー、ストロベリーの8種類です。シングルが350円、ダブルが400円です。当店のジェラートはベースを熟成させてから仕上げていきますので、とてもコクがあり甘さはすっきりなのが特徴です。

--新店もオープンし、今後が楽しみですね。

酒井さん:そうですね。当店は障がい者就労支援を行っていますので、交流を深めていただきながら各店でそれぞれのシーンで利用していただければと思います。


カフェ&お好み焼き Cona Cafe(粉なカフェ)

お好み焼き店とカフェがコラボした宇部・中央の「粉なカフェ」。人気メニューやこだわりについて、店主の村田さんに聞きました。

conacafe_1--関西風のお好み焼きを提供されていますが、おすすめを教えてください。

一番のおすすめは、国内産長ネギをたっぷり使用した「ネギ焼き」(880円)です。生地にはすりおろした山芋をたっぷりと入れて、ふんわりとろとろの食感に仕上げています。

そのほか、30年来、コンスタントに人気のある、焼きそばが乗った「モダン焼き」(780円)や、お好み焼きの上にカリカリに焼いたベーコンとジャガイモ、チーズをたっぷりのせた「ポテチベーコン」(980円)も当店おすすめのメニューです。

--こだわりは何ですか?

当店では安全安心なお食事をご提供するために、お好み焼きに使う食材は野菜から豚肉まで全て国産を使用しています。ソースは、「オタフクソース」をベースに独自にブレンドしたものを使っていますので、オリジナルのお好み焼きと合わせて、当店でしか味わうことができない自信作です。

conacafe_2--カフェメニューのコーヒーは自家焙煎だそうですね。

はい。焙煎後の美味しい期間内にご提供することを念頭に置いて、自家焙煎のスペシャルティコーヒーを提供しています。コーヒー豆は、グアテマラやブラジル、インドネシアなどからで単一農園で獲れたものを使っています。味わいは、酸味を控えた甘めなテイストで、苦みを抑えているのでストレートでも飲みやすくなっています。

--スイーツメニューについて教えてください。

conacafe_3鉄板で焼き上げる「フレンチトースト」とムースのような口当たりの濃厚な「ティラミス」(以上380円)をメーンにご用意しています。今後、種類を豊富にしていく予定ですが、ランチの後、夕方までの時間にちょっと一息してもらえればと思います。

--2月のオープン以来、これまでの様子はいかがですか。

私は2011年までの約25年間、お好み焼き店「ちぼお」をこの場所に開いていました。店名と形は少し変わりましたが、約4年ぶりの復活です。「ちぼお」のときは雰囲気から「お好み焼き屋らしからぬお好み焼き屋」がコンセプトでした。それを引き継ぎ、ランチタイムとディナータイムの間のアイドルタイムも活用しようとカフェ営業も決めました。

今では、再開を喜んでくださる当時のお客さまや周辺企業の方などにご愛顧いただいています。今後も、多くの方にかわいがって頂ける店にしていきたいですね。