タグ:宇部 パン


田舎のパン屋さん couleur(クルール)

宇部市の里山にある「田舎のパン屋さん couleur(クルール)」は、安心して食べられる手作りパンを毎日50種類近くラインアップ。地元で採れた食材をたっぷり使ったパンで、お客さまの食卓を彩ります。お店の魅力や秋の新商品について、店長の浅野信恵さんに聞きました。

――この古民家で営業を始めて今年8月で6年が経ちました。改めてクルールの特徴を教えてください。

まずは、毎日焼き立てのパンを手作りでご用意していることです。パン生地も中に入れる具材も自家製で、着色料などを使っていないので安心してお召し上がりいただけます。ふわふわした食感で食べるとほっこりするような、そんなやさしい味わいのパンがそろっています。

当店と同じく「楠こもれびの郷」敷地内にある農産物直売所「四季菜市」で、地元産の野菜や果物を仕入れて使うので、パンの種類は季節によって変わります。私たちスタッフがひらめくたびに新商品が登場するので、食べ逃がさないようにチェックしていただければと思います。

――いつ来店しても新鮮でいいですね。9月はどんなパンが登場していますか。

今月限定で、3日前までのご予約制で販売するのが「マーブル食パン」(ハーフ380円、1.5斤750円)。当店の食パンは企業秘密の製法で耳までやわらかく焼き上げているのですが、その食パンに地産食材を練り込んだ生地を合わせ、カラフルな色がぐるぐる渦を巻いたような“インスタ映え食パン”を作りました。色鮮やかですが着色料は使っていません。

種類はブルーベリー、トマト、ほうれん草、ココアの4種類。毎朝のトーストに使ってもいいですし、行楽シーズンですからサンドイッチにしてお出かけのお供にするのもオススメです。お好きなサイズにスライスするので、ぜひこの機会にお買い求めください。

――食べる前にじっくり眺めたい商品ですね。そのほかにも新商品はありますか。

総菜パンなら「トマトソースのピザドック」(200円)がイチオシです。やわらかいパンに挟んだハーブフランクの下には、隣接レストラン「古民家 倉~sou~」のシェフが作ったトマトソースが隠れていて、とても本格的な味わいです。パン生地はトマト味とバジル味があるので、お好きな方をどうぞ。

それから大きく口を開けて食べたい「手作りコロッケバーガー」(250円)。こちらは楠こもれびの郷加工所で作ったコロッケを丸いバンズで挟んだ特製バーガーです。オリジナルソースで味付けしていて一度食べるとやみつきですよ。

――秋といえば甘いカボチャやサツマイモが食べ頃ですよね。菓子パンも充実しているのではないですか?

もちろんです。カボチャを生地に練り込んだ「かぼちゃのシナモンロール」、なめらかなサツマイモクリームがおいしい「さつまいも娘のコロネ」(以上180円)など、おやつにもなるパンが続々登場しています。今だから食べられる味覚を楽しんでくださいね。

――食べてみたい商品ばかりで迷ってしまいます。今後の商品開発への意欲も聞かせてください。

天然酵母を使ったパンも増やしていこうという話をしていて、「天然酵母のラムレーズンショコラ」(6個400円)など、少しずつ店頭に並んでいます。市街地からは離れた場所にあるパン屋だからこそ「行ってみたい」「買いたい」と感じてもらえるように、クルールならではのパンをご用意してお待ちしています。最新情報はぜひインスタグラムでご確認ください。


BAKER’S BASE(ベーカーズベース)

9月に3周年を迎える宇部・厚南のパン店「ベーカーズベース」。人気商品やこだわりなどについて、パン職人の店主・吉村和剛さんに話を聞きました。

--まずは、3周年おめでとうございます。

ありがとうございます。地域の多くの方に支えていただき、無事に3周年を迎えることができました。オープン当初を思い返すと、連日昼には売り切れるなど大変な混雑をみせたこともありましたが、今は落ち着いて営業できており「毎日来ても飽きないパン屋」をモットーにしています。

日頃のご愛顧に感謝し、9月7日には「3周年祭」を開催します。当日は、全てのパン・サンドウィッチを10%OFFでご提供させていただきます。この機会に、ぜひお越しくださいませ。

--お店のこだわりを教えてください。

桜島溶岩の石窯オーブンで焼き上げていることや、材料も北海道産の小麦にバターなど材料も質の良いものを妥協せずに使っています。また、ラインアップの幅広さにもこだわっています。フランスパンや白パンなどの食事パンに、総菜パン、チョコレートなどを使った菓子パンにベーグルなど、80種類以上を毎日そろえています。おすすめの時間帯は、商品が出そろう11時頃です。1日の中で一番、焼き立てのパンに出会える時間です。

--「食パン」が一番人気だそうですね。

はい。「湯種食パン」(1斤300円)です。熱湯で種を作って一晩寝かせて焼き上げるのですが、風味ともっちりとした食感にご好評をいただいています。お昼過ぎまで1時間ごとに焼き上げる人気の看板商品です。

--思わず目移りしてしまいますが、新商品を教えてください。

「バター香る ほうれん草とベーコンのフランスパン」(230円)と「オリーブとドライトマトのフランスパン」(250円)です。「ほうれん草とベーコン」は、たっぷりのコーンを混ぜて焼き上げて味を引き立てました。ランチタイムにもおすすめですし、お酒のお供としても楽しんでいただけます。

そのほか「枝豆と桜エビのフランスパン」(210円)や「アボカド&モッツアレラ」(200円)、「照り焼きチキン」(220円)もおすすめです。

食材の組み合わせを変えながら、新商品は毎月出ますのでぜひ来月も楽しみにしてください。

--毎日通っても楽しめますね。

ありがとうございます。お子さまからご年配の方まで、幅広い方に食べていただくことも意識していますので、食事におやつと1日のいろいろなシーンで、当店のパンを気軽に楽しんでいただければと思います。これからも、「地域に根差したパン屋」として頑張っていきたいです。


Hanna’s Bred(ハンナブレッド)

宇部・南浜に6月にオープンしたばかりの焼き立てパン店「ハンナブレッド」。同店の魅力を紹介します。

■毎日、常時焼き立てを提供!

「焼き立てパンの提供」をモットーにするハンナブレットは、毎日約120種類のパンを用意。時間帯によってラインアップを変えながら、常時約80種類の香ばしい焼き立てのパンを楽しむことができます。

店に入るとパンの香りと豊富な種類に思わず目移り。厨房の様子も間近に見ることができるので、楽しみながらパン選びができます。パンを購入すると、コーヒー1杯が無料になるのもうれしいサービス!

■食べるべき!おすすめの人気パンは?

ジュワっとバター香る「塩パン」(110円)。ほどよい塩気とたっぷり使ったバターの風味が口いっぱいに広がります。

店で炊き上げる本格自家製カレーの「カレーパン」(200円)!牛肉と数種類のスパイスに赤ワイン、たっぷりの野菜をコトコト煮込んだカレーを生地で包んでサクッと食感に仕上げました。ハンナブレッド必食の一品です。

■秋の新商品、そろいました!

9月14日から販売を開始した、3種類の秋パン!「モンブランデニッシュ」(写真上、240円)と「キノコとホワイトソースの包みピザ」(写真下、200円)、「焼きいもあんぱん」(140円)。

秋の味覚を焼き立てのパンと合わせてどうぞ。この秋だけの、期間限定メニューです。

■豊富なデニッシュパンにも注目。

フルーツやカスタードなど、デニッシュパンの種類が豊富なのもポイント。「塩キャラメルナッツ」(240円)や「きび糖クロワッサン」(160円)、「自家製カスタードのショコラティエ」(190円)や「ダークチェリーデニッシュ」(240円)など日々のおやつにぴったりのデニッシュが並びます。

■親子連れも安心。イートインスペースも!

店内には、ゆったりとした25席のイートインスペースを併設。キッズスペースもあるので、小さなお子さま連れでも安心して利用できます。

店外にはテラス席を用意。気持ちの良い風を感じながら過ごせます。ゆっくりとしたブレイクタイムを楽しみませんか?