タグ:宇部 フレンチ


古民家カフェ 倉~sou~

フレンチシェフが腕を振るう、楠こもれびの郷の古民家レストラン「古民家 倉~sou~」。四季を感じるランチコースなどについて、店長の下井恭子さんに聞きました。

--お店の目の前には田園風景が広がり、ゆっくりと時間が流れていますね。

四季折々の景色が楽しめるロケーションも魅力の一つで、築120年の古民家も味わいがあります。味覚でも四季を感じていただけるよう、旬の地元食材を使ったお料理をご提供しています。シェフは素材の味を生かすやさしい味わいにこだわっており、遠方からお越しになるファンも多いんですよ。

--食材はどこから仕入れられるのですか。

楠こもれびの郷の農産物直売所「四季菜市」から新鮮な野菜や果物を仕入れ、お肉は宇部牛や長州どり、魚は宇部・吉部の魚屋さんで買い付けます。その日仕入れた材料によって内容は変わるので、いつ来ても違った味を楽しんでいただけますよ。

この時期は、里芋や赤カブ、レンコン、安納芋といった根菜をはじめ、白菜や原木シイタケなど、地元で採れた野菜をふんだんに使っています。

--ランチタイムのメニューを教えてください。

前菜、スープ、地元野菜たっぷりのサラダ、パン、本日の魚料理、本日の肉料理、デザート、コーヒーか紅茶、と全7品のフレンチフルコースです。2,000円コースの肉料理は宮崎県産のおいも豚などを使っています。3,000円コースでは貴重な宇部牛を使うほか、前菜やデザートもグレードアップし、より贅沢な内容になっています。

ハーブを使い分けて素材の旨みを引き出し、気持ちが華やぐような見た目の美しさにもこだわっています。14時からはカフェ利用もでき、季節の果物を使ったデザートプレートもございます。気軽に立ち寄って、日常を忘れられる時間を満喫していただきたいです。

--今年のクリスマスも特別なディナーを用意されるそうですね。

はい。12月23日~25日に提供する「クリスマスディナー」(7,000円)は、既にご予約の受け付けが始まっています。コースの料理についてはシェフが考えているところですが、肉料理には貴重な宇部牛を使う予定です。そのほか、3日間限定の贅沢な内容でご用意しますので、日中とは異なるムーディーな雰囲気と共にクリスマスの夜をお楽しみください。


フランス料理と自家製パン ビストロナオ

宇部・浜バイパス沿いのカジュアルフレンチレストラン「ビストロナオ」。オーナーシェフの山中直美さんに、こだわりを聞きました。

--お店のコンセプトを教えてください。

当店のコンセプトは、季節の素材を存分に使った「体に優しくヘルシーなフレンチ」です。特に野菜をたっぷり取り入れることを意識し、多い時には15種類の野菜を使います。季節の素材は体を元気にしますので、存分に味わっていただきたいと思っています。

--手作りにこだわっておられますね。

はい。ご提供するものを全て一から手作りすることが私のモットーです。和食の「だし」にあたるブイヨンやフォンドボーは特に大切にしていて、「だし」は素材の味をより一層引き立たせますので手間を惜しむことは絶対にありません。

パンやデザートのケーキも手作りしています。添加物や保存料は使わず、何よりも安心してお召し上がりいただける安全なお料理をご提供しています。

--提供されるのはコース料理ですね。

はい。メニューは季節や日によって変わりますが、一番人気は前菜・スープ・メイン(肉or魚)・自家製パン・デザート・コーヒーが付いた「ポティロンランチ」(1,600円)です。前菜からデザートまで一通りお店の味を味わって頂けるので、楽しんでいただけると思います。

大切な方のおもてなしなどには、肉料理と魚料理の両方が付く「ペコロスランチ」(2,500円)、ビジネスマンの方のご利用もある平日には、サラダ・スープ・メイン(肉or魚)・自家製パン・コーヒーが付いた「プティポワランチ」(1,100円)もご用意しています。

料理の軽さや味わいの濃さ、料理法も季節によって変えていますが、これからは少しずつ煮込み料理も提供していきます(写真は豚バラの煮込み)。食材では、カボチャや栗などの根菜類もたくさん出てきますので、旬のものをお楽しみいただきたいと思っています。

--カジュアルに来店できるのがいいですね。

ありがとうございます。宇部近郊にはカジュアル趣向のフレンチは多くはありませんが、私はどなたでも肩肘を張らず、気軽に寄っていただけるレストランを目指しています。フォークやナイフと一緒に箸も用意していますので、お好きなスタイルで召し上がっていただけます。

--さまざまなシーンで利用できますね。

はい。2015年春にオープンして以来、女性のお客さまに多くご来店をいただいております。最近では、予約制で始めたディナー営業(3人以上、5,000円~)も少しずつ知っていただけるようになってきました。小さなお子様連れやご家族連れ、大切な人とのひと時やおもてなしのシーンまで、ご要望も承っております。ぜひお気軽にお越しください。


Le Marcassin(ル・マルカッサン)

10月15日に1周年を迎えたフランス料理店「Le Marcassin(ル・マルカッサン)」。オーナーシェフの五十嵐攻さんに、今年の秋冬のオススメやこだわりを聞きました。

marca_1--10月15日に1周年を迎えられました。おめでとうございます。

ありがとうございます。当店は「自然派フランス料理」をコンセプトに、ジビエ料理も提供するフランチレストランとしてオープンしました。「心も体も喜ぶ料理」をモットーに、地元産の無農薬の食材と旬にこだわり、日替わりのコースをご用意しています。

--1年を振り返ってみていかがですか。

そうですね。リピーターの方や顔なじみの方が少しずつ増えてきた実感があり、それが本当にうれしいです。最近では、周知のためにイベント出店も積極的に行っており、たくさんのご縁をいただいているところです。1年間、お客さまと周りに支えていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

marca_2--この秋冬は鹿肉を使ったメニューがおすすめだそうですね。

はい。これからは猟銃のシーズンなので、ジビエ料理がおいしくなります。今回は、ジビエ料理の中でもクセのない鹿肉をご提供します。鹿肉は高タンパク・低カロリーで女性におすすめしたい食材です。仕入れる肉の部位によって、日によってステーキや煮込み料理、ハンバーグなどでご用意します。

写真は、「鹿肉のステーキシェリービネガーソース」で、シェリービネガーやエシャロット、フォン・ド・ヴォーなどを混ぜ合わせたソースで仕上げました。コースのメインでご提供します。

--コース料理について、教えてください。

marcassin_3当店はコース料理のみのご提供となります。ランチタイムには、前菜とスープ、メイン、デザートが付き、メインを肉か魚でお選びいただける1,700円のコースと前菜とメインが2皿ずつ付く2,700円のコースがございます。ディナータイムは予約制で、4,000円からご用意しています。記念日でのご来店やサプライズなどの演出も、ご相談くださいませ。

--2年目の「マルカッサン」も楽しみですね。

そうですね。最近では、下松や岩国、長門、下関など、市外からわざわざお越しいただくお客様もあり、より満足いただける料理を提供したいと思っているところです。これからの季節は魚がおいしくなりますので、魚料理が充実してくる予定です。ぜひこの機会にお越しいただければと思います。


古民家 倉~sou~

昨年11月20日にリニューアルオープンした宇部・万倉の「古民家 倉~sou~」。シェフの重枝英三さんと、楠こもれびの郷の農産物直売所「四季彩市」の高木ひとみさんに話を聞きました。


古民家倉_1--お店のコンセプトを教えてください。

重枝さん:当店は「地産地消」がコンセプトです。肉は宇部牛や長州どりを使うほか、宇部・吉部の魚屋さんや農産物直売所「四季彩市」から毎朝地元産の新鮮な材料を仕入れています。

--ランチタイムはどのようなメニューがありますか。

ランチタイム(11時~14時)には、フレンチのフルコースを2,000円と3,000円でご用意しています。2つのコースの大きな違いは肉です。2,000円コースは鶏、豚、鹿を肉料理に使います。3,000円コースでは貴重な宇部牛を使うほか、前菜やデザートも盛りだくさんで、より贅沢なコースになっています。

内容は仕入れた素材によって日替わりでご提供するので、その時に旬の食材を味わっていただけます。ハーブを使い分けて素材の旨みや食感を引き出すだけでなく、料理をお出しした瞬間のワクワク感を想像して見た目の美しさにもこだわります。苦手な食材は事前におっしゃっていただければ対応ができますので、お気軽にご相談ください。

--カフェとしての利用もできるそうですね。古民家倉様_2(新)

14時~16時がカフェタイムです。夏に間に合うよう、4月中旬から生ビールのサーバーを導入し、カシスソーダやパッションフルーツソーダなど爽やかな飲み物も充実させております。季節感あふれるデザートもご用意しておりますので、ぜひご利用ください。

--リニューアルから約半年がたちますが、いかがですか。

おかげさまで平日も満席になることがございますので、ご予約をおすすめします。またディナーもご予約で承ります。直売所の野菜で四季の移ろいを感じることが楽しく、それを料理でお客さまへお伝えしたいと思っております。古民家でゆっくりと時間を過ごし、出来立てのおいしい料理をお楽しみください。

sou_3(新)--四季彩市では、お店で料理に使っている野菜を購入することができるそうですね。

高木さん:はい。「倉」の店頭にある黒板には、その日使った野菜の産地と生産者を記載しておりますので、食事の後に立ち寄られる方も多くおられます。農薬をほとんど使わずに作った地元野菜は嫌な臭みがなく、本来のおいしさが感じられます。

この時期は「男爵」「メークイン」「きたあかり」など新ジャガが登場し、各種類に合ったお料理のご提案をしております。紫色をした「シャドークイーン」や、甘みの強い「アンデスレッド」など珍しい種類が並ぶこともございます。

--適した用途を教えていただけるのはうれしいですね。そのほかの旬の野菜も教えてください。

夏らしいズッキーニの販売も始まっています。緑、黄色、白と色鮮やかで、形も通常のものだけでなく、丸型やカボチャ型があるんです。日持ちがするお野菜なので鑑賞用としても楽しめ、加熱せず生でもお召し上がりいただけます。

路地物のトマトやキュウリ、ナス、生で食べられる甘いトウモロコシも順次出てきます。野菜だけでなく、マスクメロン、スイカも夏にはお楽しみいただけますよ。「ここに来ると季節を感じられていいね」とご好評をいただいております。

当直売所では、「野菜の日(8月31日)」にちなみ、毎年8月最終日曜日に野菜に関するイベントを実施しています。今年は8月28日の開催を予定しておりますので、ぜひこのイベントにも足を運んでいただけるとうれしいです。さまざまな企画を用意してお待ちしております。

 


Le Marcassin(ル・マルカッサン)

2015年10月15日に山口・阿知須にオープンしたフレンチレストラン「ル・マルカッサン」。オーナーシェフの五十嵐攻さんに話を聞きました。

marcassin_fb-お店のコンセプトを教えてください。

 「体も心もよろこぶフレンチ」です。既製品や添加物は使わず、無農薬で作られた体に優しい地元の食材にこだわります。阿知須の道の駅「きららあじす」の直売所や、宇部・東岐波の契約農家、地元で水揚げされた魚や長州どりなど、地元のブランド肉も使いながらご提供していきます。

 店名のマルカッサンは、イノシシの子どもの「ウリボウ」を意味するフランス語です。地産地消をテーマに、イノシシ肉やシカ肉などジビエを取り入れた料理も提供していきます。

 --料理で季節感を楽しめそうですね。

 もちろん、旬の食材には特にこだわります。魚介類は信頼できる魚屋さんにお任せし、その日一番いいものを仕入れています。イノシシ肉もこれからシーズンになりますので、前菜に自家製のベーコンなどを使ったり、イノシシ肉のローストをメーンディッシュにもしていきます。苦手な方は、初めにお伝えいただけたらほかの料理をご用意しますのでご安心ください。

 --メニューはどのようなラインアップですか。 

marcassin_2実は、メニューはありません。というのも、その日に手に入る食材でその日に献立を決め、私の気まぐれで(笑)提供します。メニューはコースが基本で、メーンは肉か魚を選んでいただけます。ランチタイムには、1,700円と2,700円のコース、ディナータイムは予約制で、4,000円~の値段でご提供します。

 例えば、12月は旬のスズキのソテーも登場します。自家製の柚子みそソースと地元産の安心野菜、そしてフレッシュの柚子も添えてご提供します。柚子のとても良い香りが口いっぱいに広がります。

 --クリスマスにはスペシャルディナー、年末に向けては女子会コースもあるそうですね。

 はい。12月23日~25日の3日間は特別な「クリスマスディナー」(8,000円、1人前)をご提供します。国産黒毛和牛ローストをメーンに、前菜2品、スープ、魚料理、クリスマスデザートと、特別素材で全6品をご用意します。ご予約はお早めにお願いします。

 「女子会プラン」は4人以上の女性の方を対象に、4,000円または6,000円のディナーコースのご予約で、通常2種類の食後デザートを3種類の盛り合わせにグレードアップしてお届けします。年末の最終営業日の28日まで承っていますので、忘年会にぜひご利用ください。 

marcassin_3--これからが楽しみですね。

 そうですね。お客さまにはリラックスしてくつろいでいただけるような空間にしてきたいと思っています。コースのお値段のご要望にもできる限りお応えするほか、サプライズやお祝いのお手伝いもさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談もいただければと思います。