タグ:宇部 ランチ


海浜和風レストラン かめうら苑

今春、個室「亀の間」をリニューアルした山口宇部空港そばの「海浜和風レストラン かめうら苑」。店長の川元誠一さんに話を聞きました。

--リニューアルされた「亀の間」について、詳しく教えてください。

はい。3月にはなれの1階の「亀の間」を全面改装しました。これまでは、純和風空間の完全個室としてご利用いただいてきましたが、一昨年の母屋の全面改装に続き、お客さまによりよい空間をご提供するために雰囲気も新たに刷新しました。

--とてもスタイリッシュな空間ですね。

ありがとうございます。「和モダン」をテーマに、雰囲気の演出にこだわりました。「光」には力をいれ、県内では初導入の「光る畳」を取り入れました。夜は柔らかい雰囲気に包まれながらお食事をお楽しみいただけます。室内には、間接照明も多く取り入れました。

もう一つのこだわりは、音響設備です。寄り合いなどでカラオケも楽しんでいただけるよう、音響の設備も新しく備えました。音がとてもクリアなスピーカーを天井に設置しましたので、最新の機器でお楽しみいただけます。

--ランチタイムも利用できますか。

もちろんです。「亀の間」は混み合いますので、早めのご予約をお願いします。ランチタイムの接待や結納などお祝いの席でもご利用いただけます。テーブル席で24名様までご利用いただけます。くつろぎの空間でお過ごしいただければと思います。

--お店の料理のこだわりを教えてください。

当店では、地元の食材を中心に瀬戸内の新鮮な魚介を豊富に使った和食をご提供しています。「高品質な食材を、素材の味そのものを楽しんでいただけるように提供すること」をモットーに、季節を感じるお料理をお出ししています。

--お得なランチタイムのメニューも教えてください。

一番人気は「お昼の定食」(1,300円)です。旬の刺身と天ぷら、名物の貝汁に小鉢2つとお新香が付くお得な内容です。リーズナブルながらも当店の魅力を詰め込みました。

そのほか、お刺身や天ぷらのほか、焼き物や煮物も味わえる「瀬戸内定食」(2,250円)や名物の貝汁をメインにした「貝汁定食」(1,000円)、揚げ物をメインにした「ビジネス定食」(1,000円)などをご用意しています。

--昼も夜もたっぷりと魅力が楽しめますね。

はい。当店のオープンテーブル席では、瀬戸内海と山口宇部空港を離発着する飛行機も眺めることができます。お客さまそれぞれの利用シーンでご利用いただけますので、ぜひお気軽にご予約・ご相談いただければと思います。

 


創作ダイニング カメリア

リニューアルオープン1周年を迎えた国際ホテル宇部のレストラン「カメリア」。1周年を記念して開催中の「ステーキ祭り」について、同店担当の堤正憲さんに話を聞きました。

--まずはリニューアル1周年、おめでとうございます。

ありがとうございます。昨春にホテル館内で移転し、明るく開放的なクラシカルなカントリー風の雰囲気になりました。

--レストランの特徴などをあらためてお聞かせください。

はい。バル(居酒屋)感覚でご利用いただける気軽さと、少人数から大人数まで様々な利用シーンでいただけることがポイントです。料理は、スキレットパン料理を中心に提供しています。ランチタイムは17種類、ディナータイムには60種類と豊富なメニューをご用意しています。

--現在、開催中の「ステーキ祭り」がとても盛況だそうですね。

ありがとうございます。1周年を記念した企画として3月から行っているフェアですが、連日とても好評です。いつもよりもお得な価格で、やわらかくジューシーなステーキをご堪能いただけます。アツアツのスキレットにお肉を乗せてご提供します。

ランチタイムは、「サーロインステーキ」(180グラム、2,000円)に「牛サガリ」(200グラム、1,600円)、「サイコロステーキ」(160グラム、1,600円)の3種類に限定してご提供しています。

ディナータイムには、「サーロインステーキ」(350グラム、3,900円)や「和牛入りハンバーグ」(180グラム、2,100円)、「ローストチキン(1羽)」(2,200円)や骨付き豚の「トマホークポーク」(2,400円)など9種類のメニューをそろえました。

--さらにお得なサービスがあるそうですね。

はい。ランチ・ディナーともに、スープ・パン・ライス・サラダバー・ドリンクの食べ放題バイキングが付きます。さらに、1周年を記念してバイキングの内容も充実しました。特にランチタイムのパンは好評で、月曜・水曜・木曜・金曜(祝日は除く)には12時と13時に、焼き立てのパンをお出ししています。パンの時間を目がけてのご来店があるほど人気です。

--これはぜひ皆さんにご利用いただきたいですね。

当店はホテル内にありながらも、肩ひじを張らずに気軽にお越しいただけるのが特徴で、女性層から学生グループ、週末にはご家族連れやカップルと幅広くご利用いただいております。1年が経ち、リピーターの方も多くなってきました。季節ごとや節目に合わせて、今後もお得に楽しんでいただける企画をしていきたいと思っています。ぜひお越しください。


Spice Bar Melissa(スパイスバルメリッサ)

今春からランチ営業を始めた、宇部・新川の「スパイスバル メリッサ」。オーナーシェフの道原勇樹さんに話を聞きました。

--まずはお店のこだわりを教えてください。

はい。当店は「スパイスとハーブをアクセントにした料理」をコンセプトに、2月にオープンしました。県内の食材使い、見た目にもスタイリッシュな洋食をご提供しています。

店内は、ゆっくりと落ち着いて過ごしていただけるように、非日常的なムードのある雰囲気を心掛けています。ディナータイムは一品料理を中心にご用意し、ランチメニューはコースで提供しています。

--ランチメニューについて教えてください。

おすすめは、「メリッサランチ」(1,700円)。前菜とスープ、魚料理or肉料理、パンorライス、デザートにドリンクが付きます。メインは日替わりで、その日のベストな季節食材を最適な調理法でご用意します。最近では「黒鯛のポワレ 赤ピーマンとクミンのソース」や「バジルと国産豚ヒレ肉の低温ロースト」などがありました。

デザートには特に力を入れていて、シフォンケーキにチーズケーキやガトーショコラなどのケーキにアイスを添えて、3種類と盛りだくさんにしています。ドリンクには、市内の紅茶専門店「chasitsu(チャシツ)」のハーブティーも楽しんでいただけます。

パンに付くハチミツは、ゴロっと入ったフルーツと合わせたオリジナルブレンドでお出しします。

--そのほかのメニューはいかがですか。

そのほかには、季節の野菜を使ったパスタをメインにした「パスタランチ」(1,600円)に、「レモンバターステーキ」(2,000円)があります。どちらにも、前菜・スープ・デザート・ドリンクが付きます(ステーキにはパンorライスもあり)。

--ボリュームもあって、女性によろこばれそうですね。

ありがとうございます。コスパの良さには自信がありますので、ぜひ一度ご来店いただければと思います。チャイルドチェアもご用意していますので、お子さま連れの方も歓迎です。週末は混み合うことも多いですので、ご予約いただけると確実です。

心を込めたおもてなしで、いつもよりもちょっと優雅なランチタイムを過ごしてもらえればと思います。


COCOLAND(ココランド)

今年もバーベキュー営業をスタートした宇部・常盤湖畔のリゾート施設「ココランド」。支配人の廣田晃子さんに話を聞きました。

--今年もBBQ営業が始まりましたね。

はい。だんだんと気温も上がって過ごしやすくなってきましたので、初夏から楽しんでいただこうと季節を先取りして始めました。毎年、家族グループや仲間内でのご利用のほか、会社・団体などの懇親会や納涼会、地域の子ども会など、多くのご利用をいただいています。夏になるとプールと合わせたプランで多くご利用いただきます。

--内容を教えてください。

スタンダードの「森のバーベキュー」は、約10種類の牛・鶏・豚の定番のお肉が付くほか、野菜もたっぷりご用意します。日によっては、野菜はバイキング形式でご提供します。料金は、飲み放題が付いて4,500円(学生・子ども料金あり)なのでお得です。

大人のグループには、サザエやイカ、エビなどが付く「海鮮プラス」やヤンググループには、お肉のボリュームを重視した「ボリュームプラス」(以上、1人プラス1,200円)が人気です。

アルコール類は、生ビールサーバーをご用意しているほか、カクテルは缶チューハイをたくさんご用意しますので、フリースタイルで自由気ままにお過ごしいただけます。

--送迎もお願いできるそうですね。

はい。当施設から片道1時間以内を圏内に、10名以上のご利用でバスでの送迎もサービスいたします。事前の予約制となっておりますので、お早めにご相談ください。

--高台なので眺めもとてもいいですね。

市内で唯一、常盤湖と瀬戸内海を一望しながら食事を楽しむことができるのも、自慢の一つです。日が暮れると夜景も見ることができますよ。自然に囲まれているので、降り注ぐ日差しや鳥の声を聞きながら、のんびりとした時間を過ごしていただくことができます。

夏に向けては、BBQと大浴場&プールのご利用がセットになったプランや、お得な宿泊プラン、サマーイベントも展開していく予定ですので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。


お食事処 ばんちゃ屋

宇部・沼交差点近くの定食店「ばんちゃ屋」。満腹になれる新メニューについて、店長の大迫信作さんに聞きました。

--ボリューム満点のメニューが豊富です。好評だった定食も復活したそうですね。

はい。期間限定で「牛カツ定食」(1,400円)が復活しました。250グラムの厚い牛ロース肉を揚げた牛カツは、ジューシーな旨みが堪能できます。ごはん・味噌汁・揚げ出し豆腐・小鉢・漬け物まで付く「ガッツリ飯」を存分に味わってください。

ボリューム満点ですが、ワサビ醤油で食べるので意外とサッパリしています。年齢・性別を問わず、肉食系のお客さまから人気が高く、リピーターも多いんですよ。まだ食べたことがない方は、この機会にぜひご来店ください。

--元気が出そうな定食ですね。そのほかにも今オススメのメニューはありますか。

今春から始めた「タルタルソースアボカド入り あじのフライ丼」(1,000円)もイチオシです。ご飯の上にネギをかけ、大ぶりのアジフライ2枚を豪快に乗せた丼メニューです。

タルタルソースは、刻んだタマネギやアボカドをたっぷり使った特製ソースです。箸が進むまったりと濃厚なタルタルを、アジフライと一緒にお召し上がりください。きっと何度も食べに来たくなると思いますよ。

--丼のご飯も大盛りで、働き盛りの男性も学生も満足できそうです。夏に向けても新しいメニューは登場しますか。

もちろんです。当店の人気ナンバーワン「チキンカツ定食」やナンバーツー「唐揚げ定食」をはじめとする定番メニューに加え、期間限定メニューにも力を入れていく予定です。

6月からは、人気焼き肉店「じゅうじゅう亭」さんとコラボした新メニューも始まります。こちらもスタミナがつくガッツリ系になりそうです。楽しみにしていてくださいね。


TRATTORIA SUNMARUNO(トラットリア サンマルノ)

宇部・常盤町のレストラン「トラットリア サンマルノ」。5周年を迎えたオーナーシェフの丸野光洋さんに話を聞きました。

--まずは5周年おめでとうございます。

ありがとうございます。2013年6月9日のオープン以来、常に「より良くしていくこと」をモットーにしてきました。料理の素材からこだわり、雰囲気を演出する食器から空間まで、少しずつ変化を加えてきました。紆余曲折ありながらも、支えてくださっているお客さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

--看板メニューの生パスタもさることながら、一品料理にも力を入れているそうですね。

当初は「生パスタの店」として打ち出し、お客さまにもそのイメージを持っていただいてきましたが、2年ほど前からは一品料理にも力をいれています。素材は地元産が中心です。魚・肉料理は、日替わりや旬に合わせて提供しており、ワインとの相性もバッチリです。

今は「低温調理」で作る料理に凝っていて、57度で3時間かけて火を通す「サーロインのローストビーフ 赤ワインソース」(1,200円)や「鴨肉のグリル 白ワインソース」などをご用意しています。

--5周年を記念したメニューがあるそうですね。

低温調理で作るローストビーフを使った「ローストビーフピザ」です。ビール酵母を使って自家製で作るピザ生地で、カリッとモチっとする食感と一緒にジューシーなローストビーフの肉感も味わっていただけます。

また6月9日から1週間は、自家製で作る「ジンジャーエール」をご来店の皆さまにサービスさせていただきます。どちらもぜひお楽しみに。

--今後について意気込みをお願いします。

はい。6月からは、グランドメニューをリニューアルする予定です。より様々な利用シーンでご利用いただけるよう、特にドリンクメニューは拡充させたいと思っています。もっと手の込んだ料理もご提供できるようにしたり、イベントに出店したり、もっと当店を知っていただきたいと思います。気持ちを新たに、6年目も頑張っていきたいです。


Sazanami Factory Kitchen(サザナミファクトリーキッチン)

宇部・あすとぴあの照明器具工場・ブルーウェーブテクノロジーズに併設されている「sazanamiファクトリーキッチン」。大人気の社食ランチなどについて、運営担当の香川一美さんに話を聞きました。

 --一般にも開放されている「社食ランチ」が引き続き、好評ですね。

ありがとうございます。2014年のオープン以来、口コミでご好評をいただき続け、今でも70席が連日満席になるほどのにぎわいです。当社社長の「仕事はランチから」という考えの下、地域の方々にもバランスの取れたランチを召し上がっていただきたいと、平日限定で営業しています。

 --素材にもこだわられているそうですね。

はい。和食出身の料理長が「地産地消」にこだわった手作りの料理を提供しています。メニューは、シンプルに調理した季節素材の料理がメイン。魚料理に肉料理、炒め物や卵料理、刺身もあるんです。ランチで刺し身まで食べられるのは、なかなかないのではと思います。

「選べる日替わりランチ」としてご提供しており、それらの日替わりの料理8品から2品か3品メインが選べ、小鉢にスープ、ご飯が付きます。価格は2品=650円、3品=850円です。

--この空間を利用し、週末にカフェ営業できる人を募集されているそうですね。

はい。1月から自社運営で土曜・日曜限定のカフェ営業を行いましたが、より広く多くの方に活用をしていただきたいと方向を変えることにし、今は体制の立て直しで一旦お休みしています。

今後は、週末に厨房や空間を丸ごと貸し出し、「チャレンジカフェ」として、カフェや飲食店の運営・出店をしてみたい人を募集し、協力し合って運営していこうと思います。現在、チャレンジしたい人を募集しています。

「自分でカフェを運営するのが夢」という一般の方から、現在営業中の飲食店さんが「アンテナショップ」として使われるのも大歓迎。土曜・日曜のみの営業なので、気軽にご相談いただければうれしいです。地元の企業として、幅広い方に貢献できる取り組みをしていきたいと思います。


寿司処 龍兵衛(たつべえ)

ランチ営業を始めた宇部・中央の「寿司処 龍兵衛」。店主で寿司職人の野口辰徳さんに、魅力を聞きました。

--まずはお店の紹介をお願いします。

私はこれまで18年間、宇部・新天町の寿司店「呑兵衛」で修業をしてきました。2016年7月に独立して寿司職人として自分の店を構え、寿司と魚料理を中心にした居酒屋をオープンしました。

魚は地魚を中心に、旬の食材で季節を感じていただける料理を提供しています。ダシや食材の調理は細やかなところまで手間暇をかけ、手作りすることをモットーにしています。

--11月から始めた「海鮮丼ランチ」はボリュームがすごいですね。

はい。魚を味わっていただこうと、「海鮮丼」をメインにしたランチ営業を始めました。とにかく、インパクトとボリュームに自信があります。日替わりで、ヒラソやタイ、エビ、サーモンなど8種類の魚が乗ります。カツオと昆布だしの茶碗蒸しと、日替わりで提供する汁物(吸い物orみそ汁or赤だし)、デザートのアイスが付いて、1,500円です。1日20食限定でご提供します。

--とてもお得ですね。シャリにこだわりがあるとお聞きしました。

はい。当店では、宇部・厚東産のお米を使っています。自然豊かな場所で育ったお米は味に透明感があり、一粒一粒の食感を感じることができます。

寿司のシャリは「口の中でほどけるような」と言われることもありますが、口の中でネタとしっかり絡むようにしています。とにかくシャリは何よりのこだわりです。

--多くの方にご賞味いただきたいですね。

そうですね。店内は落ち着いた雰囲気の掘りごたつなので、腰を落ち着けて過ごしてもらえます。ロールカーテンも設置しており、ご要望に応じて半個室のようにもできますのでお声がけください。

ゆっくりとランチタイムを楽しみたい方やガッツリと食べたい方には、ぜひ一度お越しいただければと思います。


And green(アンドグリーン)

今年4月にオープンした、宇部・ときわ公園内のカフェ「And green」。新しいメニューなどについて、店主の二村友香さんに話を聞きました。

--大きく開けた窓から、常盤湖や木々が眺められて開放的ですね。

私は市内で生花店「Ever green」も経営しているので、店内に植物をたくさん飾ってナチュラルな空間を演出しています。窓の外の景色も含めて、あたたかい店内でゆっくりと自然を楽しんでいただければと思います。料理は今秋から、日替わりでテーマに合わせて提供しています。11月末からは新しいテーマ「気まぐれランチ」が加わりました。

--「気まぐれランチ」の日は、どのようなメニューを提供されるのですか。

寒い季節ですからホッとできる料理を提供しようと思っています。例えば、誰でも馴染みのある「親子丼」や「ビーフシチュー丼」、鶏だしを使ったあっさりスープの「フォー」、白に近い色のスパイスだけで作るまろやかな「ホワイトカレー」などが登場します。その日の内容は店頭で確認できるので、お楽しみに。

--薬膳料理がテーマになる日もあるそうですね。

はい。薬膳メニューは、国際中医薬膳師の三戸泰子さんが監修し、生薬のエキスを使いながらも食べやすい味に仕上げています。料理はその日の体調や体質に合わせて選ぶことができ、「体がポカポカする」と好評なんですよ。

薬膳カレーは、鶏肉・豚肉・牛肉・エビの4種類です。誰でも食べやすい辛さで、手足が冷える方には陽虚タイプのエビ、乾燥が気になる方には陰虚タイプの牛肉がオススメです。

薬膳パスタ(以上980円)は、ホウレンソウ・トマト・くりまさる(カボチャ)・レンコン・竹炭を練り込んだ5種類です。倦怠感を緩和したい、デトックスしたい、など体の調子に合わせてご注文いただけます。ソースはトマトとクリームの2種類です。

--完全予約の薬膳メニューもあるそうですね。

健康志向の女性に人気がある「中医美容膳」(1,480円)です。あたたかいサムゲタンをメインに、健康と美容を考慮した小鉢や薬膳茶など全10品が楽しめるランチコースです。事前のご予約をお待ちしています。

--新しいカフェメニューも登場したと聞きました。

そうなんです。「選べるケーキセット」(500円)を始めました。ケーキは日替わりでご用意する約4種類の中から2種類を選ぶことができ、コーヒーか紅茶が付きます。ガトーショコラやガトー抹茶、ナッツやココナッツの入ったケーキなどをご用意するので、昼下がりの時間もぜひご利用ください。


フランス料理と自家製パン ビストロナオ

宇部・浜バイパス沿いのカジュアルフレンチレストラン「ビストロナオ」。オーナーシェフの山中直美さんに、こだわりを聞きました。

--お店のコンセプトを教えてください。

当店のコンセプトは、季節の素材を存分に使った「体に優しくヘルシーなフレンチ」です。特に野菜をたっぷり取り入れることを意識し、多い時には15種類の野菜を使います。季節の素材は体を元気にしますので、存分に味わっていただきたいと思っています。

--手作りにこだわっておられますね。

はい。ご提供するものを全て一から手作りすることが私のモットーです。和食の「だし」にあたるブイヨンやフォンドボーは特に大切にしていて、「だし」は素材の味をより一層引き立たせますので手間を惜しむことは絶対にありません。

パンやデザートのケーキも手作りしています。添加物や保存料は使わず、何よりも安心してお召し上がりいただける安全なお料理をご提供しています。

--提供されるのはコース料理ですね。

はい。メニューは季節や日によって変わりますが、一番人気は前菜・スープ・メイン(肉or魚)・自家製パン・デザート・コーヒーが付いた「ポティロンランチ」(1,600円)です。前菜からデザートまで一通りお店の味を味わって頂けるので、楽しんでいただけると思います。

大切な方のおもてなしなどには、肉料理と魚料理の両方が付く「ペコロスランチ」(2,500円)、ビジネスマンの方のご利用もある平日には、サラダ・スープ・メイン(肉or魚)・自家製パン・コーヒーが付いた「プティポワランチ」(1,100円)もご用意しています。

料理の軽さや味わいの濃さ、料理法も季節によって変えていますが、これからは少しずつ煮込み料理も提供していきます(写真は豚バラの煮込み)。食材では、カボチャや栗などの根菜類もたくさん出てきますので、旬のものをお楽しみいただきたいと思っています。

--カジュアルに来店できるのがいいですね。

ありがとうございます。宇部近郊にはカジュアル趣向のフレンチは多くはありませんが、私はどなたでも肩肘を張らず、気軽に寄っていただけるレストランを目指しています。フォークやナイフと一緒に箸も用意していますので、お好きなスタイルで召し上がっていただけます。

--さまざまなシーンで利用できますね。

はい。2015年春にオープンして以来、女性のお客さまに多くご来店をいただいております。最近では、予約制で始めたディナー営業(3人以上、5,000円~)も少しずつ知っていただけるようになってきました。小さなお子様連れやご家族連れ、大切な人とのひと時やおもてなしのシーンまで、ご要望も承っております。ぜひお気軽にお越しください。