タグ:宇部 焼き鳥


焼鳥 一力

宇部・中央の人気焼き鳥店「焼鳥 一力」。同店の魅力などについて、店主の秋山尚登さんに話を聞きました。

--9月に4周年を迎えられますね。

はい。おかげさまで93日に4周年を迎えます。同じビル内で移転、規模拡大をしてからは2周年です。

--改めて、お店の特長を聞かせてください。

当店は、地元の長州どりを使っています。備長炭で「外はカリっと、中はふわっと」する食感に焼き上げることがこだわりです。

当店は、カウンター席にソファーのテーブル席、個室3部屋を備えていますので、それぞれの利用シーンで幅広くご利用いただけます。お客さまの層も幅広く、ご好評いただいています。

--名物料理の「野菜巻き」も人気ですね。

はい。定番や季節野菜を豚バラ肉で巻いた串なのですが、豚の肉汁がさっぱりとした野菜と合わさり、あっさり+ジューシーな味わいが楽しめます。「アボカド巻き」や「オクラ巻き」など8種類がありますが、特に人気なのは、「レタス巻き」と「半熟ベーコンエッグ」、「青ネギ巻き」です。

おすすめドリンクの「肉食炭酸水」と一緒にググッと流し込んでください。これからの暑い日にはたまらない組み合わせです。

--そのほかの人気メニューも教えてください。

焼き鳥串で人気なのは「とり皮」、「とりもも」、じっくりトロトロになるまで煮込んだ軟骨を香ばしく焼き上げた「なんこつトロトロ」が人気です。一品料理では、「ごまサバ」や「長イモコロッケ 明太マヨソース」、「国産牛のウニ巻」が人気です。どれも一度は食べていただきたい自信を持っておすすめするメニューです。

--二次会利用もOKだそうですね。

はい。最近では営業時間を延長し、連日25時まで営業しています(ラストオーダーは2430分)。週末は開店時間を早め、1730分から営業しています。ありがたいことに、平日でも満席になることが多いですので、お早めに席のご予約をしていただければと思います。

スタッフ一同、ますますおもてしの心で美味しい料理と楽しい空間をご提供していきたいと思います。


炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)本店/呑々Ⅱ

山陽小野田に本店を構える居酒屋「炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)」。冬におすすめの一品料理や鍋コースなどについて、店主の藤川盛義さんに話を聞きました。

--焼き鳥だけではなく、バラエティーに富んだ一品料理も提供しておられるのですね。

ちょっとしたおつまみやビールが進む揚げもの、上質な馬刺し、シメのお茶漬けやうどんまで、100種類以上がそろっています。「炭火焼き鳥屋」と謳っているだけに、焼き鳥専門店の印象があるようですが、一品料理のおいしさも自慢ですよ。メニューを見て「何を食べようかな」と悩んでもらえれば。

--中でも注目していただきたいのは、やはり「おすすめ料理」の16種類でしょうか。

そうですね。おすすめ料理は、9月から「秋・冬メニュー」になりました。「厚切り 牛タン串」(580円)、ネギとポン酢でさっぱり食べる「鶏のたたき」(700円)、ニンニクが決め手のアヒージョ「砂肝のオイル焼き」(600円)、女性に人気の「ミニトマト 豚バラチーズ焼き」(600円)など、年齢や性別を問わず好評です。

--お酒が進みそうです。11月になり、コースも冬季の内容になりましたね。

通常の「4,500円コース」は、おまかせの焼き鳥メニュー5本、一品料理8品、野菜串、デザートですが、冬季(~2月末まで)は、野菜串とデザートが鍋に変わります。鍋の種類は、鶏すき・水炊き・キムチ鍋・モツ鍋・湯豆腐の中から気まぐれでお出しします。

鍋を除く「4,000円コース」、4,000円の内容に刺し盛りが付く「5,000円コース」もあり、いずれも100種類のドリンクから選べる飲み放題(2時間)付きです。利用は8名様から。前日までのご予約をお願いします。この期間、鍋は単品でもご注文いただけます。

--冬ならではの宴会が楽しめそうです。改めて、焼き鳥へのこだわりも聞かせてください。

当店の焼き鳥は、大ぶりでジューシーであることが売りです。本店では私が、吞々Ⅱでは私の技術を伝えた息子が店長を務め、こだわりを持って焼き鳥を提供しています。

鶏肉は、宮城県から取り寄せた「日南どり」です。それぞれの部位が一番おいしく感じられるように、丁寧な下処理を行ってから1本1本手刺ししています。絶妙な炭火加減と塩加減は、これまで培った経験あってこそのもの。吞々だから食べられるおいしさを知っていただきたいです。

--両店ともに宴会利用ができるので、この冬も多くのお客さまでにぎわいそうですね。

おいしく楽しい時間を過ごしていただければ何よりです。宴会利用は、本店が35人まで、吞々Ⅱは25人まで対応できます。ありがたいことに、宴会シーズンではない時期でも週末は1週間前ほどからご予約で埋まっていきます。お早めのご予約をお待ちしております。


炭火焼き鳥屋 呑々本店/呑々Ⅱ/呑々Ⅲ

山陽小野田に本店を構える居酒屋「炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)」。焼き鳥へのこだわりやオススメのメニューなどについて、店主の藤川盛義さんに話を聞きました。

--ビールが進む暑い夏がやってきましたね。

ビールといえば、やはり焼き鳥でしょう。当店では宮崎県直送の「日南どり」を使い、一串一串にこだわりをもって提供しています。例えば「砂ずり」ならシャキシャキした食感が味わえるよう丸ごとを串に刺し、「皮」はしっかりと伸ばしてパリパリに焼き上げるなど、各部位に合った下処理を行います。大きめのカットで食べ応えがあることも特長です。

--炭火での「焼き」にもこだわりがありそうです。

もちろんです。「焼き鳥は主が焼かずして誰が焼く」ということで、本店では私が、宇部の呑々Ⅱ・Ⅲでは私の技術を受け継ぐ各店の「主」がこだわりを持って焼いています。絶妙な炭火加減も塩加減もお任せください。遠赤外線で火を通した焼き鳥はジューシーで格別ですよ。一味違う、焼き鳥店の味を堪能していただきたいです。

--夏に負けない熱い思いが感じられます。単品料理も充実しているそうですね。

焼き鳥店ながら、単品料理もバラエティー豊富です。サッパリとした前菜や焼き物、揚げ物、シメのお茶漬けやうどんもそろっています。

私のオススメは、本場・熊本直送の「馬刺し」(800円~)です。上質で新鮮な馬刺しは、馬刺し専門店から仕入れています。お客様からは、海鮮入りの「山芋ステーキ」や「くじらの竜田揚げ」(以上、600円)、「手作りせせりつくね」(500円)も人気ですよ。

また、「おすすめの一品料理」は8月20日ごろから新しい内容に入れ替わります。炭火焼き料理や揚げ物、洋食など、お酒が進む約15種類の単品料理が加わるので、こちらもご賞味ください。

--宴会にも対応できるので、コース利用も多いと聞きました。

そうですね。コースは4,000円、4,500円、5,000円の3種類。いずれもおまかせの焼き鳥5本と、一品料理8品、100種類のドリンクから選べる飲み放題(2時間)が楽しめて、4,500円なら野菜串2本とデザート、5,000円なら刺し盛りが付きます。利用は8名様からで、前日までのご予約をお願いします。

--本店は7月で移転から1周年を迎えました。ご様子はいかがですか。

30人以上の団体利用ができたり、4人ほどで仕切れる個室があったりと小野田に少ない店のため、「本店ができてよかった」と喜んでいただけています。特に周辺のビジネスマンの利用が多く、ありがたいことに週末は満席状態が続いています。平日であれば余裕のある日もありますが、お早めにご予約をいただければ確実です。

宴会利用は本店が35人、宇部のⅡ・Ⅲは25人まで対応できます。夏ですから大人数で楽しくワイワイ、にぎやかに過ごしてもらえればうれしいです。もちろん味には妥協せず、これからもこだわりの焼き鳥をお届けします。


焼鳥 一力

ichiriki_19月にオープンから2周年を迎える宇部・中央の「焼鳥 一力」。今夏の新メニューについて、店主の秋山尚登さんに話を聞きました。

--7月から新メニューが始まったそうですね。

はい。和牛と大根おろしを合わせた、これまでにない串メニュー「和牛ロースロール」です。大根おろしをジューシーな霜降り和牛で巻き上げ、ほんの数秒ほど、サッと焼き上げます。スダチをギュッと絞り、さっぱりとポン酢で食べます。爽やかで夏に合う一品に仕上がりました。

--とてもおいしそうですね。どんな味わいですか。

サッパリとした中にも肉の甘味と油が合わさり、我ながら絶品に仕上がったと自信を持ってご提供します。ぜひ一度、お試しください。

ichiriki_2--そのほかにも新メニューはありますか。

はい。「砂ずりの唐揚げ」を始めます。ですが、一力風は一味違います。1口サイズにした砂ずり唐揚げの上に、スライスしたタマネギと青ネギをトッピングしポン酢をかけてお出しします。もちろん、シンプルな唐揚げとしてもご提供することもできます。今年の夏はポン酢を使った「サッパリ系」のメニューに力を入れていくところです。

--暑い夏に食べたくなるメニューですね。ところで、一力と言えば「野菜巻き」ですね。

はい。長州どりを使った焼き鳥メニューもさることながら、野菜を豚バラで巻く「野菜巻き」がイチオシです。野菜のフレッシュ感と豚の脂が程よくマッチして、ヘルシーなので女性の方にも人気です。これからの季節は、トマトをはじめオクラやズッキーニなど、旬を迎える夏野菜も新鮮なものをたくさんご用意します。

--こちらも楽しみです。あらためて、秋山さんの焼き鳥へのこだわりを教えてください。

はい。こだわりは、福岡での修行時代に指先で覚えた絶妙な塩加減と秒単位にこだわる焼き方で提供するichiriki_3「メリハリのついた食感」です。強めの備長炭で、表面はカリッと中はジューシーに仕上げます。

--9月でオープンから2周年を迎えますね。

ありがとうございます。おかげさまで、20代~60代の方まで幅広い層の方々に当店を知っていただくことができました。週末は混み合うことも多くなり、感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんの出会いもあり、カウンターに座られたお客さまと一緒に話をするのも楽しみの一つです。これからも、日々感謝を忘れずに全力でおもてなしをしていきます。