タグ:宇部 虎の子


餃子・中華酒場 虎の子

メニューがリニューアルし、料理の幅が広がった宇部・中央の中華料理店「虎の子」。店主の児島寛康さんにおすすめを聞きました。

--新メニューがたくさん登場しましたね。

はい。今回は思い切って22種類の新メニューを登場させて、グランドメニューを一新しました。テーマは「よりお酒に合う料理」。エビとカニを使った料理と激辛料理を目玉にしました。

--どんな料理が登場したのか気になります。

エビとカニの料理は「香港の名物漁師料理」として、ニンニクをたっぷり使って作ります。焼いたエビにニンニクを絡めた「ガーリックシュリンプ」(980円)と、カニが丸ごと食べられる「ガーリッククラブ」(980円)、「ガーリックフリット」(880円)は、おすすめですよ。

「激辛料理シリーズ」は、唐辛子をこれでもかと言うほどたっぷり使います。丸ごと食べられるエビを使った「燃えよドラゴン」と、丸ごと食べられるカニを使った「重慶ファイヤークラブ」(以上、1,100円)、「炎のスペアリブ」(1,200円)、「四川唐辛子チキン」(880円)に「豚と野菜のスパイシー辛口煮」(1,100円)の5種類です。とにかく辛いのが好きな方には、ぜひ挑戦していただきたいメニューです。

--そのほかに、おすすめはありますか。

インパクトがあるのは「ピータンとキュウリのスープ」(680円)です。本場の四川では定番の味ですが、ピータン独特の香りもなくこってりとした味わいで、飲んだ後にスルスルと入ります。当店スタッフ全員が気に入っている味です。

「豚足スモーク ラー油あえ」「台湾式オムレツ」「海鮮エビミソ醤炒め」「手羽先と葱のコラーゲン煮込み」など、これまでになかった料理が登場していますので、ぜひ一度ご賞味ください。

--中華料理を食べて、冬に向けて体をホットにしたいですね。

そうですね。寒くなる前にスタミナをつけてもらえればと思います。忘年会のシーズンには、当店の看板メニューで皮から手作りの「焼き餃子」と、2種類の豆板醤や自家製ラー油、熟成さんしょう油などを使って仕上げる「四川麻婆豆腐」も入れて、ご予算に応じたコース料理もご用意しておりますので、ぜひご相談ください。


餃子・中華酒場 虎の子

宇部・中央の中華居酒屋「餃子・中華酒場 虎の子」。お店のこだわりや夏のオススメなどについて、店主の児島寛康さんに話を聞きました。

--こちらにはスパイシーな料理がたくさんありますね。暑い夏でも食が進みそうです。

そうですね。当店が提供している中華料理は中国・四川風ですので、風味豊かな香辛料が香る「味わい深さ」が特徴で、単に辛いだけではなく旨みがしっかり堪能できます。香りが食欲をそそり、スタミナがつく料理もたくさんあって、お酒も進みますよ。本場仕込みの味をカジュアルにお楽しみいただきたいです。

--夏季限定のメニューも登場するそうですね。

はい。毎年好評の「冷やし担々麺」(880円)を7月初旬から提供します。鶏豚Wスープと自家製ラー油で仕上げる担々麺をベースに、酢を少し多めに入れてさっぱりと仕上げました。真っ赤な見た目と裏腹に、最後の一滴までおいしく飲めてしまうようなスープです。トッピングは、中華甘みそで炒めた鹿野高原豚のミンチ、モヤシ、シソ、夏らしいトマト。シメにもぴったりのスタミナメニューです。

8月からはメニューが新しくなります。餃子や麻婆豆腐、麺類やチャーハンを軸に、豚料理やエビ料理のバリエーションを増やす予定です。あくまでカジュアルな虎の子スタイルでありつつ、本場に根付いた本格中華も加わります。

--定番から激辛まで豊富なメニューがそろっていますが、特に人気があるのはどれですか。

「餃子・中華酒場」と謳っていますから、やはり「焼き餃子」(450円)ですね。粗挽きの鹿野高原豚や白菜などを使ったタネを、手作りの皮で包んで焼き上げます。もっちりとした皮の中から肉汁が溢れるジューシーな餃子です。

「四川麻婆豆腐」(小=650円、中=880円)はオープン当初から人気です。こちらは2種類の豆板醤や、自家製ラー油、熟成したさんしょう油などを使い、コクのある味わいに仕上げます。土鍋のふたを開ければ、一気に品のある香りが広がり、グツグツと煮えた香ばしさもアクセントになって、ただ辛いだけじゃない「虎の子」らしい一品です。

--3周年を迎え、バージョンアップされますね。楽しみです。

ありがとうございます。本場のトレンドを取り入れながら、お客さまにとって発見や喜び、驚きのある料理を提供していきたいと思っています。みなさんの期待に応えられれば何よりです。

店内は古民家を改装した和と中が融合した空間で、完全個室も完備しています。宴会は最大50人ほどまで対応できるので、団体での宴会にもご利用ください。クセになる虎の子の中華で、今年の夏もおいしくスタミナをつけていってくださいね。


餃子・中華酒場 虎の子

宇部・中央の中華居酒屋「餃子・中華酒場 虎の子」。お店のこだわりや「忘年会コース」についてオーナーの児島寛康さんに話を聞きました。

toranoko_1--まずはお店のコンセプトを改めて聞かせてください。

当店は「親しみやすく、気軽に行ける店」を目指し、本場で学んだ四川風の中華料理をカジュアルテイストでご提供しています。単に辛いだけではなく、風味豊かな香辛料が香る「味わい深さ」が特徴です。また、料理が油っぽくならないように油の使い方にもこだわっています。

--店内はあたたかみのある雰囲気ですね。

そうですね。古民家を改装した和と中が融合した空間で、完全個室もございます。宴会は最大50人ほどまで対応できますので、広々とご利用いただき、この時期の宴会や忘年会もにぎやかにお楽しみいただけます。

toranoko_3--「忘年会コース」は毎年内容を変更されているそうですが、今年の内容を教えてください。

はい。今年は「桂林(けいりん)」(5,500円)と「牡丹」(4,800円)の2種類をご用意しています。桂林では、「お刺身中華サラダ」、黒酢生姜ソースをかける「鶏の香り茹で」、皮から手作りする「焼き餃子」、「フカヒレと玉子のスパイシー炒め」、「海老天チリソース」、「スペアリブのカリカリ酢豚」、「アンコウの黄金パウダー揚げ」、「干し貝柱と白菜の旨煮」、「名物四川麻婆豆腐」、「エビ&エビ&エビ炒飯」、「杏仁豆腐」の11品が味わえます。

90分間の飲み放題が付いておりますので、当店の名物料理や季節を感じる食材を使ったメニューと共にお楽しみください。コースは3名様からで、前日までのご予約をお願いします。

--盛りだくさんですね。これからの寒い季節にオススメの単品料理も教えてください。

toranoko_2柚子胡椒を添えた豚骨スープで炊き上げる「虎の子水餃子」(450円)や、鶏ガラスープをメインにした「スープ水餃子」(550円)がおすすめです。モチモチの餃子の皮は厳選した粉で11枚手作りし、材料には粗挽きの鹿野高原豚を使っています。肉の旨みとスープで体の芯から温まりますよ。

唐辛子の辛みを移した油を使う「四川の唐辛子チキン」(880円)、特製ラー油が香る「担々麺」(780円)、モチモチ食感でカロリーが気になる女性にも好評の「2種はるさめの麻婆春雨」(680円)などもオススメです。さまざまな料理で四川の味を感じていってください。

寒い冬はホッと和む当店で、スパイスが香る中華料理を食べてあたたまっていってください。一次会から二次会・三次会、シメの一杯にもお気軽にご利用ください。


餃子・中華酒場 虎の子

宇部・中央の中華居酒屋「餃子・中華酒場 虎の子」。お店のこだわりや夏のオススメメニューについてオーナーの児島寛康さんに話を聞きました。

toranoko_1--お店のこだわりについて教えてください。

当店では中国・四川風の中華料理を提供しています。単純に辛いだけではなく、風味豊かな香辛料の香りが感じられる味わい深さが特徴で、辛いものが苦手な方にもお召し上がりいただけます。お酒にもよく合い、暑い日の続く夏でも食が進みますよ。

--定番の人気メニューを教えてください。

人気メニューのベストスリーは、ツルっとした絹ごし豆腐と、1週間熟成したさんしょう油を使った「四川麻婆豆腐」(小=580円、中=780円)、県産の鹿野高原豚や白菜などを入れた「焼き餃子」(450円)、特製ラー油が香る「担々麺」(780円)です。誰もが知っているメニューですが、それぞれに合う香辛料を使いますので「虎の子」ならではの味に仕上がっています。

toranoko_3--良い香りが食欲をそそりますね。夏にオススメのメニューもありますか。

もちろんです。暑さに負けないパワフルな旨みの「牛タンの激辛 三国志張飛スタイル」(1,800円)、特製甜麺醤ソースと薬味を合わせる「四川の燻製ダック」(1,600円)は、この夏ぜひ食べていただきたい逸品です。燻製は下味を漬け込んで寝かし、一度茹でてから桜のチップでいぶします。手がかかるぶん、味も絶品ですよ。

そのほか、スパイスの効いたメニューを多く揃えておりますので、夏バテ防止にたっぷりとお召し上がりください。

--最近、席数を増やされたと聞きました。

テーブルを変更し、より多くのお客さまにご利用していただけるようになりました。古民家を改装した店内は、懐かしさがあり落ち着ける空間です。少人数から大勢での宴会まで、お気軽にお越しください。

toranoko_2--オープンから丸2年がたちました。お店が定着してきたご様子ですね。

そうですね。料理をすることが好きですが、それ以上にお客さまが喜ぶ顔を見るのが好きです。楽しそうに食べておられる姿や、料理に驚いている表情を見るとやりがいを感じます。

食べてくれる人がいるからこその料理なので、期待を超えるものをお出しして喜んでいただきたいです。これからも研修や勉強の機会を作り、本場のトレンドも取り入れながらベースアップを行っていきます。ご期待ください。