タグ:宇部 一力


焼鳥 一力

宇部・中央の人気焼き鳥店「焼鳥 一力」。同店の魅力などについて、店主の秋山尚登さんに話を聞きました。

--9月に4周年を迎えられますね。

はい。おかげさまで93日に4周年を迎えます。同じビル内で移転、規模拡大をしてからは2周年です。

--改めて、お店の特長を聞かせてください。

当店は、地元の長州どりを使っています。備長炭で「外はカリっと、中はふわっと」する食感に焼き上げることがこだわりです。

当店は、カウンター席にソファーのテーブル席、個室3部屋を備えていますので、それぞれの利用シーンで幅広くご利用いただけます。お客さまの層も幅広く、ご好評いただいています。

--名物料理の「野菜巻き」も人気ですね。

はい。定番や季節野菜を豚バラ肉で巻いた串なのですが、豚の肉汁がさっぱりとした野菜と合わさり、あっさり+ジューシーな味わいが楽しめます。「アボカド巻き」や「オクラ巻き」など8種類がありますが、特に人気なのは、「レタス巻き」と「半熟ベーコンエッグ」、「青ネギ巻き」です。

おすすめドリンクの「肉食炭酸水」と一緒にググッと流し込んでください。これからの暑い日にはたまらない組み合わせです。

--そのほかの人気メニューも教えてください。

焼き鳥串で人気なのは「とり皮」、「とりもも」、じっくりトロトロになるまで煮込んだ軟骨を香ばしく焼き上げた「なんこつトロトロ」が人気です。一品料理では、「ごまサバ」や「長イモコロッケ 明太マヨソース」、「国産牛のウニ巻」が人気です。どれも一度は食べていただきたい自信を持っておすすめするメニューです。

--二次会利用もOKだそうですね。

はい。最近では営業時間を延長し、連日25時まで営業しています(ラストオーダーは2430分)。週末は開店時間を早め、1730分から営業しています。ありがたいことに、平日でも満席になることが多いですので、お早めに席のご予約をしていただければと思います。

スタッフ一同、ますますおもてしの心で美味しい料理と楽しい空間をご提供していきたいと思います。


焼鳥 一力

ichiriki_19月にオープンから2周年を迎える宇部・中央の「焼鳥 一力」。今夏の新メニューについて、店主の秋山尚登さんに話を聞きました。

--7月から新メニューが始まったそうですね。

はい。和牛と大根おろしを合わせた、これまでにない串メニュー「和牛ロースロール」です。大根おろしをジューシーな霜降り和牛で巻き上げ、ほんの数秒ほど、サッと焼き上げます。スダチをギュッと絞り、さっぱりとポン酢で食べます。爽やかで夏に合う一品に仕上がりました。

--とてもおいしそうですね。どんな味わいですか。

サッパリとした中にも肉の甘味と油が合わさり、我ながら絶品に仕上がったと自信を持ってご提供します。ぜひ一度、お試しください。

ichiriki_2--そのほかにも新メニューはありますか。

はい。「砂ずりの唐揚げ」を始めます。ですが、一力風は一味違います。1口サイズにした砂ずり唐揚げの上に、スライスしたタマネギと青ネギをトッピングしポン酢をかけてお出しします。もちろん、シンプルな唐揚げとしてもご提供することもできます。今年の夏はポン酢を使った「サッパリ系」のメニューに力を入れていくところです。

--暑い夏に食べたくなるメニューですね。ところで、一力と言えば「野菜巻き」ですね。

はい。長州どりを使った焼き鳥メニューもさることながら、野菜を豚バラで巻く「野菜巻き」がイチオシです。野菜のフレッシュ感と豚の脂が程よくマッチして、ヘルシーなので女性の方にも人気です。これからの季節は、トマトをはじめオクラやズッキーニなど、旬を迎える夏野菜も新鮮なものをたくさんご用意します。

--こちらも楽しみです。あらためて、秋山さんの焼き鳥へのこだわりを教えてください。

はい。こだわりは、福岡での修行時代に指先で覚えた絶妙な塩加減と秒単位にこだわる焼き方で提供するichiriki_3「メリハリのついた食感」です。強めの備長炭で、表面はカリッと中はジューシーに仕上げます。

--9月でオープンから2周年を迎えますね。

ありがとうございます。おかげさまで、20代~60代の方まで幅広い層の方々に当店を知っていただくことができました。週末は混み合うことも多くなり、感謝の気持ちでいっぱいです。たくさんの出会いもあり、カウンターに座られたお客さまと一緒に話をするのも楽しみの一つです。これからも、日々感謝を忘れずに全力でおもてなしをしていきます。