タグ:山陽小野田 居酒屋


イタリアンダイニングFRIGO(フリゴ)

小野田バイパス沿いの「FRIGO」が提供する料理は、華やかな見た目で気分が高まり、食べれば本格的な味わいの創作イタリアン。単品もコースもバリエーション豊富で、ご予算や場面を問わずご利用いただけます。定番人気や今年のクリスマスディナーをご紹介します。

■12月22日~25日、世界三大珍味が味わえる「スペシャルディナー」を

クリスマス前の週末から4日間限定「スペシャルディナー」を2種類ご用意しました。世界三大珍味(トリュフ、キャビア、フォアグラ)をはじめ、選りすぐりの食材を使った贅沢なメニューで特別な時間を演出いたします。

クリスマスを過ごすカップルやご夫婦だけでなく、年に一度は特別な料理を食べたいという方もぜひご利用ください。一組最大18組限定。ご利用は2人以上、3日前までのご予約をお待ちしています。

//
ご予約でファーストドリンクをサービス!
\\

【8,800円コース】
・新鮮な魚介類のマリネ 彩野菜のビネグレット
・活オマール海老の温かいサラダ仕立て 黄柚子の香りとオマールのクレマの泡
・トリュフと色々なキノコのフェットチーネ
・萩産鮮魚のアクアパッツァ
・宇部牛イチボのロースト フォアグラを添えてマルサラのソースで
・クリスマスカラーのロールケーキとピスタチオのジェラート

【6,600円コース】
・色々な魚介のマリネとカラフルな野菜で~クリスマス風サラダ仕立て~
・チンタセネーゼのラグーとキノコのタリアテッレ
・萩産鮮魚とブルターニュ産ムール貝でアクアパッツァ風
・和牛とヒレのローストフォアグラを乗せてロッシーニ風
・クリスマスデザートのロールケーキとピスタチオのジェラート

■目の前でチーズがとろ~り!「ラクレットチーズと肉バルコース」! 

FRIGOの看板コースになりつつあるのが「ラクレットチーズと肉バルコース」。人気料理がまるっと味わえて、メイン料理はお好みやご予算によって選べる点も好評です!

花畑牧場のラクレットチーズは、お客さまの目の前で温野菜などにかけてご提供します。テンションが上がるライブ感と、アツアツで香ばしいチーズの味わいで満足度◎!

【内容】 2名以上、2日前までの要予約

<選べるメイン料理> ※カッコ内はコースの価格
・長州鶏のグリル バルサミコ酢ソース(3,000円)
・マンガリッツァ豚の低温ロースト(4,000円)
・宇部牛イチボのグリル 赤ワインソース(5,000円)
・お肉3種盛り(長州鶏・マンガリッツァ豚・宇部牛イチボ)(5,500円)

 <コース内容>
メイン料理/生ハムとトマトのシーザーサラダ/新鮮な魚介類のカルパッチョ 彩り野菜添え/ラクレットチーズと温野菜(インカの目覚め・チョリソー)/自家製フォカッチャ/本日のパスタ/デザート盛り合わせ

全7品。+1,500円で2時間飲み放題に♪

 

■日曜~木曜限定の予約制「カジュアルコース」はランチ利用OK!

「ランチタイムに忘年会をしたい」「ママ友とちょっと贅沢したい」。そんな日は時間帯を問わず利用できる「カジュアルコース」(2,750円)をどうぞ。秋鮭やポルチーニ茸など、季節の食材を使った料理が並びます。

【内容】 2名以上、前日までの要予約

本日の前菜6種盛り/3種から選べるパスタ(トマトソース・ペペロンチーノ・クリームソース)/本日の肉or魚料理/プチデザート3種盛り合わせ/自家製フォカッチャ/ドリンク

■白と黒のモダンな店内で、ゆったりとお食事を

こぢんまりした個室、オープンキッチンのカウンター席、広々と使えるテーブル席あり。お1人での食事、少人数の女子会や飲み会、貸し切りにもご予算に合わせてご対応いたします。「おいしいものが食べたいな」と思った時には、いつでもFRIGOの扉を開いてください。


居酒屋 憩いの場 厚狭駅前店

厚狭商店街の居酒屋「憩いの場 厚狭駅前店」が、深夜限定で「〆ラーメン」を提供しているのを知ってますか。飲んだ後に食べたくなるラーメンの特徴や、手作りにこだわる定番メニューなどを店主の菊池征希さんに聞きました。

--居酒屋営業をしながら、夜が深まる時間帯からは「〆ラーメン」を提供されているそうですね。

はい。昨年10月から22時30分以降限定で、飲んだ後も食べやすい「〆ラーメン」を提供しています。常連のお客さまのご要望に応えて始めたのですが、周辺に深夜営業する店舗が少ないこともあって、飲み会の最後にラーメンが食べたい方や、二次会や三次会の店を探している方などに喜ばれています。

--どのような味わいなのですか。

誰でも食べやすい「豚骨しょう油」がベースです。豚骨を煮込むときにドライフルーツを入れてまろやかさとコクを加えました。濃厚すぎないアッサリ味に仕上げ、自家製チャーシューとシナチク、ネギを乗せて650円。地元企業の「三浦製麺」の細麺を使うこともこだわりです。

餃子やチャーハンとのセットメニュー、辛み調味料を独自でブレンドした「担々麺」(680円)もございますし、深夜でもおつまみやスイーツ、ドリンクなどはご注文いただけます。

--居酒屋営業時間の定番メニューも教えてください。

当店では極力手作りにこだわりながら、新鮮な地産食材を使った料理を提供しています。地元のブランド鶏「長州どり」の焼き鳥や揚げ物をはじめ、お酒と合う居酒屋メニュー、親子で楽しめる洋食など幅広いラインアップの中で、私がおすすめしたいのは「自家製ダシ巻き玉子」(530円)。店内でコンブとカツオから取ったダシを使い、丁寧にふんわりと焼き上げます。まずはしょう油をつけずにそのままお召し上がりください。

それから「自家製餃子」(480円)も自慢のメニューです。タネは肉の配合量85パーセント以上で食べ応えがあります。餃子だけでなくタレも自家製ですから、居酒屋の時間帯にも、〆ラーメンの時間帯にも味わっていただけるとうれしいです。

--店内にはテーブル席もカウンター席もあり、さまざまなシーンで利用できそうです。

お一人から最大30名の宴会までご対応いたしますし、2時間飲み放題付きの「コース」(11品3,500円~6,000円、3名以上で前日まで要予約)もご用意しています。内容や価格などご相談には柔軟に応じているので、ぜひ気軽にお電話いただければと思います。

--厚狭の食材や地酒を満喫していただきたいですね。

そうですね。駅やビジネスホテルに近いので、出張のお客さまも多くご来店になります。地元のおいしいものを味わっていただきながら、「厚狭に来てよかった。また来よう」と思っていただける一夜を演出できれば何よりです。


泉屋 厚狭本店

JR厚狭駅在来線口の目の前にある「泉屋 厚狭本店」は、来店客を「おかえりなさい」と出迎え、「いってらっしゃい」と送り出すアットホームなお店。新潟県魚沼地域で生産される三元豚「健康豚」の専門店で、昼はラーメン屋、夜は居酒屋として営業しています。臭みのない最強の豚“鬼豚”を厚狭でご賞味ください。

昼の一番人気は「Bセット」!ラーメン+唐揚げ+餃子+ご飯で1,000円!

ラーメン好きの大将がこだわり抜いた豚骨しょう油ラーメン「泉ラーメン」(700円)は、見た目こってり、食べるとあっさり。クセになる味!

健康豚をスープにも自家製チャーシューにも使う贅沢ぶりで、ご注文を受けてから炙るチャーシューの香ばしさがたまりません。麺は細麺か、平打ち麺(人気急上昇!)からお選びいただけます。

 

■帰ってきた!ウマ辛「担々麺」!

「泉屋」がリニューアルする2016年以前に、ひっそり提供していた「担々麺」(830円)がリニューアルして復活!唐辛子を練りこんだ細麺、自家製ラー油、健康豚で作る刻みチャーシューが見事にマッチした絶品です。食べてみたい方はランチタイムにご来店を♪

11月からは冬季限定「鍋焼きラーメン」が登場!お楽しみに!

 

■昭和レトロなお店で、夜は宴会も二次会もOK!

2人で使える個室や、専用トイレを備えたVIPルーム(写真参照)、最大40人ほどが入れる大広間、カウンター席などがあり、幅広いシーンでご利用いただけます。大広間はプロジェクター完備で、結婚式の二次会や同窓会でのご利用にもGood!個室は人気のため、お早めのご予約がオススメです。

オープンキッチンに面したカウンター席は、「泉屋ファミリー」に仲間入りしたような居心地良い場所。初めてのご来店でも、お一人でも気兼ねなくどうぞ。

 

■夜はコラーゲンスープ100%の「健康豚しゃぶしゃぶ」で決まり!

開店当初からの看板料理「健康豚しゃぶしゃぶ」(1,200円、ご注文は2人前から)は、白濁したコラーゲンスープで味わう自慢の一品。甘くてとろける健康豚の味を最大限に楽しめる料理で、おいしいだけではなく、翌日は「肌がぷるぷるになる!」との声も。

 

■「女子会コース」がグレードアップして定番メニューに仲間入り!

大好評の「女子会コース」(4,000円、2人以上で前日までの要予約)が10月から定番メニューに。健康豚しゃぶしゃぶやデザートなど全8品に、90分の飲み放題付きとお得!にぎやかな女子会でご利用ください。


炭火焼き鳥屋 呑々本店/呑々Ⅱ(どんどん)

山陽小野田に本店を構える居酒屋「炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)」。こだわりの焼き鳥だけでなく、絶品ぞろいの「おすすめ料理」にも注目!この夏飲みたい「呑々流サワー」についても、店主の藤川盛義さんに聞きました。

 ――「呑々」といえば香ばしくジューシーな炭火焼き鳥ですが、一品料理も注文に悩んでしまうほど豊富ですね。

はい。飲み会や宴会、晩ご飯など、幅広いご利用に対応したいですし、リピートされても飽きずにご利用いただきたいので、看板料理の焼き鳥だけでなく、さまざまな料理をご用意しています。

>>焼き鳥へのこだわりはコチラから

アツアツの鉄皿料理、ホッケやブリカマ、揚げたての唐揚げ、ポテト、本場・熊本直送の「馬刺し」、〆のご飯ものや麺類など、どれも自信をもって提供する一皿です。

――中でもオススメの料理を教えてください。

当店では「おすすめ料理」16種類を、春・夏、秋・冬で入れ替えています。今は、前菜にピッタリの「アボガドサラダ」(500円)、ネギとポン酢でさっぱり食べる「鶏のたたき」(700円)、一風変わった「キムチ豚ギョーザ」(580円)、誰もが好きな「うす切り牛タンのチーズ焼き」(880円)などをご用意しています。

――お酒が進みそうなメニューですね。ドリンクメニューもたくさんある中で「呑々流サワー」が気になります。

果物や野菜のビネガーを使うサワーで、健康志向の方や女性から好評です。濃厚だけど飲みやすい「トマト酢サワー」、ヒアルロン酸とコラーゲン入りの「カシス&ラズベリー酢サワー」や「グレープフルーツサワー」、甘めの「熟成もも酢サワー」など8種類。どれもノンアルコールにもできるので、お酒が苦手な方やハンドルキーパーにもご注文いただけます。

――料理も飲み物も楽しめて大満足ですね。本店は移転して3年が経ちました。

 ビジネスマンだけでなく、ご家族連れや女性グループも多く来店されるようになり、来店客の年齢層が広がったように感じています。「一見でも入りやすい」「子ども連れでも安心して行ける」と感じていただけてればうれしいです。店内は明るく広々としていて、座敷席は4人以上の利用なら仕切りを使って個室にすることができます。気軽にご相談ください。

また、8名様以上のご利用で「コース」(飲み放題2h付き4,000円~)もご用意できます。こちらは前日までのご予約をお願いしていますが、宴会シーズンは週末を中心に混み合いますので、お早めのご予約が確実です。この夏も皆さまのご来店をお待ちしております。

 


地産馳走 飛寅(ちさんちそう ひとら)

旬の地産食材を味わうなら、JR小野田駅前の「地産馳走 飛寅」へ。落ち着ける居酒屋として親しまれ、昨年5月からはランチ営業も開始。2019年3月で4周年を迎えます。こだわりの詰まった料理や4周年記念イベントについて、店主・高木祐太朗さんに聞きました。

--飛寅で提供する料理について、教えてください。

夜は、「蕎麦・肴・地酒」をテーマに地元で採れた食材を使って、お酒が進む料理をご提供しています。定番メニューは「もも肉の柚子こしょう焼き(長州どり使用)」(650円)、「鯨の竜田揚げ」(700円)、「黒毛和牛のカルパッチョ」(1,500円)、〆にピッタリの「ざるそば」(550円)など、40種類以上のメニューがあります。

「本日のおすすめ」として、旬の地魚の刺身、季節野菜の天ぷらなどもご用意しています。素材の良さがストレートに味わえるように、凝りすぎずシンプルに調理してお出しします。旨みや甘み、苦みなど、その食材のおいしさを存分にお楽しみください。

--コース料理もあるので、この時期は宴会利用も増えそうですね。

コースは、8品3,000円からご予算に応じてご用意しておりますので、ご予約の際に内容のご要望をお伝えください。4人以上で飲み放題プランもご利用いただけますし、15人以上なら貸し切りにできますので周囲に気兼ねなくお過ごしいただけます。歓送迎会や同窓会、ママ友会など、さまざまな場面でご利用ください。

--JR小野田駅前では数少ないランチ提供店でもあります。昼のメニューはどのようなラインアップですか。

北海道産のそば粉を使う自家製の二八そばメニューを中心にして、季節野菜の天ぷらが味わえる「天ぷら蕎麦」(1,200円)、満足感ある「長州どり天」(1,100円)、鴨の旨みが凝縮された「鴨南蛮」(850円)などをご提供しています。ツルッとしたのど越しや風味の豊かさが自慢です。

「日替わりそば御膳」(1,500円)は、自慢の二八そばに、季節の天ぷら、日替わりのご飯もの、食後のドリンクまで付くメニューです。ボリューム感もクオリティーもご満足いただけると思います。そのほか、定食などもございます。

--うれしい「学割」もあるので、さまざまな世代にご来店いただきたいですね。

そうですね。食べ盛りの学生(大学生まで)は全メニュー150円引きですから、お腹を満たして勉強も部活も頑張ってもらいたいです。受験シーズンは「合格祈願メニュー」も提供しているので、ゲン担ぎにご来店いただければ。

(関連記事:JR小野田駅前「飛寅」で受験生向け新メニュー 「勝つ」カレーで「受かる鴨」

--移転オープンから今年3月で4周年を迎えますね。

ありがとうございます。おかげさまで無事にここで4周年を迎えられました。感謝の気持ちを込めて、3月21日(木・祝)にイベント「4周年記念 居酒屋ジャンボリー」を開催します。当日は、地元ミュージシャン・ジョニーさんが率いるバンドと、沖縄民謡を歌う島袋りりあさんのライブパフォーマンスがあり、にぎやかな店内でイベント限定メニューをご注文いただけます。入場料は1,000円(ワンドリンク付き)。開催時間は15時~19時ごろまで。お祭り気分でお楽しみください。


酒場ビッグ

2018年7月、JR小野田駅前にオープンした大衆居酒屋「酒場ビッグ」。看板料理や冬の鍋料理などについて、店主の柏村雅彦さんに聞きました。

--定番の居酒屋メニューをはじめ、藁焼き料理、活魚料理なども提供されています。イチオシや人気メニューを教えてください。

「特撰和牛火あぶりの刑」(980)は、サシの入った厳選和牛のモモ肉を、藁焼きで炙って提供する料理で、お客さまの8割にご注文いただいています。旨みを閉じ込めた和牛の味わいと、燻製のような香ばしさが絶妙で、パフォーマンスも目を惹く一品です。さっぱりとした自家製ポン酢でご賞味ください。

新鮮な魚介を中心に、旬の食材を使った日替わりメニューもお出ししています。年末のこの時期は、貝類やカキ、タラの白子、〆サバなどがおいしいですよ。ご来店の際には、こちらにもご注目いただきたいです。

--冬の宴会シーズンは、コース利用も増える時期ですよね。コースの内容も教えてください。

当店のコース料理は税込み2,500円から、ご予算に応じてご用意しています(4名以上、前日までの要予約)。内容はその時々やご要望によって変わりますが、サラダや刺し盛り、揚げ物、単品料理、〆の一品など、全8品ほどが並び、飲み放題をお付けすることもできます。冬季は、体が温まる鍋メニューをラインアップに加えますよ。

--どのような鍋メニューを提供されるのですか。

内容は5種類の中から日替わりで、「博多地鶏鍋」「博多地鶏のすき焼き」「鴨鍋」「鴨のすき焼き」「ピリ辛の塩豚キムチ鍋」のいずれかをご提供します。

博多地鶏鍋と鴨鍋は、カツオダシをベースに、いくつかのダシをブレンドした和風鍋です。経験豊富な料理人が腕をふるい、博多地鶏の歯ごたえあるおいしさも、鴨肉ならではの旨みも、もちろん野菜の味も生きる味わいに仕上げています。どの鍋もボリューム感があり、〆にはうどんをご用意します。

--店内は温かみある雰囲気で、にぎやかな宴会でも、仕事帰りに一杯飲みたい時にも利用しやすいですね。

ありがとうございます。カウンター席とテーブル席があり、大規模の宴会でもご利用いただけます。最大8人まで利用できる個室席もございますので、周りに気兼ねせずに過ごしたい時には気軽にご相談ください。

--オープンから約半年が経ちますが、ご利用の様子はいかがですか。

働き盛りの男性客はもちろん、想定以上に女性の利用も多くあり、「カジュアルな価格で入りやすい」と喜んでいただけています。スクリーンでのスポーツ観戦を楽しむこともできます。仲間内で集って過ごしたり、フラリと立ち寄って飲んで帰ったりと、地元のみなさんが過ごしやすい「憩いの場」となっていければうれしいです。


炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)本店/呑々Ⅱ

山陽小野田に本店を構える居酒屋「炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)」。焼き鳥への熱いこだわりなどについて、店主の藤川盛義さんに話を聞きました。

--「焼き鳥は主(あるじ)焼かずして誰が焼く」。これが藤川さんのモットーだそうですね。

はい。各部位に合わせた下処理を施し、それを一本一本手刺しして、絶妙な塩加減と炭火加減で焼き上げる。こういった焼き鳥をつくる行程の全てを本店では私が、姉妹店の「呑々II」では技術を伝承した息子(店長)が行っています。

焼き鳥の仕込みだけで毎日5時間近くかかるので、「そんなに手間をかけなくても」なんて言われることもあるんですが(笑)、お客さまには炭火焼き鳥居酒屋ならではの味で喜んでいただきたいので一切妥協しません。

--職人魂が感じられます。呑々で使う鶏肉は、どちらから仕入れているのですか。

当店では、宮崎県直送の新鮮な「日南どり」を使っています。比較的大きめにカットした鶏肉を、じっくりと炭火で焼き上げ、香ばしくてジューシーな味わいを実現しています。食べ応えもあると好評ですよ。

--人気の焼き鳥メニューを教えてください。

パリッと焼き上げる「皮」は、その食感と旨みに驚かれる人気メニューです。食感でいえば「砂ずり」(以上120円)も人気があって、当店ではシャキシャキした食感が味わえるようにあえてカットせずに串に刺して提供します。

太陽をたくさん浴びて育った日南どりは臭みがないので、「鳥肝」や「ハツ」(以上180円)といった内臓系もおいしく味わえます。一串一串にこだわりが詰まっているので、店主としてはそれぞれに楽しんでもらえるとうれしいです。

--ぜひお酒と一緒に味わいたいですね。吞々はドリンクメニューも充実しています。

はい。約150種類そろえているので、日本酒も焼酎も梅酒も悩むだけの種類があると思います。初夏からはカクテル・サワー系にも力を入れていて、爽やかな「スミノフトニック」や「ウォッカトニック」、ワインカクテル、女性に喜ばれそうな「カシス&ラズベリー酢サワー」、「熟成もも酢サワー」(以上400円)など、新たに15種類が加わりました。

--それは見逃せません。この夏もたくさんのお客さまでにぎわいそうですね。

本店は35人まで、吞々IIは25人までの大規模宴会にも対応できますし、8名様以上であれば飲み放題(2時間、ドリンク100種類以上)付きの「コース」(税別4,000円~、前日までの要予約)もご用意できます。

焼き鳥をはじめ、自慢の単品料理も多数そろっているので、にぎやかな夏の夜にピッタリです。おいしい焼き鳥とお酒を片手に、楽しい時間をお過ごしください。週末や祝日前のご利用は、お早めのご予約がオススメです。


炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)本店/呑々Ⅱ

山陽小野田に本店を構える居酒屋「炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)」。冬におすすめの一品料理や鍋コースなどについて、店主の藤川盛義さんに話を聞きました。

--焼き鳥だけではなく、バラエティーに富んだ一品料理も提供しておられるのですね。

ちょっとしたおつまみやビールが進む揚げもの、上質な馬刺し、シメのお茶漬けやうどんまで、100種類以上がそろっています。「炭火焼き鳥屋」と謳っているだけに、焼き鳥専門店の印象があるようですが、一品料理のおいしさも自慢ですよ。メニューを見て「何を食べようかな」と悩んでもらえれば。

--中でも注目していただきたいのは、やはり「おすすめ料理」の16種類でしょうか。

そうですね。おすすめ料理は、9月から「秋・冬メニュー」になりました。「厚切り 牛タン串」(580円)、ネギとポン酢でさっぱり食べる「鶏のたたき」(700円)、ニンニクが決め手のアヒージョ「砂肝のオイル焼き」(600円)、女性に人気の「ミニトマト 豚バラチーズ焼き」(600円)など、年齢や性別を問わず好評です。

--お酒が進みそうです。11月になり、コースも冬季の内容になりましたね。

通常の「4,500円コース」は、おまかせの焼き鳥メニュー5本、一品料理8品、野菜串、デザートですが、冬季(~2月末まで)は、野菜串とデザートが鍋に変わります。鍋の種類は、鶏すき・水炊き・キムチ鍋・モツ鍋・湯豆腐の中から気まぐれでお出しします。

鍋を除く「4,000円コース」、4,000円の内容に刺し盛りが付く「5,000円コース」もあり、いずれも100種類のドリンクから選べる飲み放題(2時間)付きです。利用は8名様から。前日までのご予約をお願いします。この期間、鍋は単品でもご注文いただけます。

--冬ならではの宴会が楽しめそうです。改めて、焼き鳥へのこだわりも聞かせてください。

当店の焼き鳥は、大ぶりでジューシーであることが売りです。本店では私が、吞々Ⅱでは私の技術を伝えた息子が店長を務め、こだわりを持って焼き鳥を提供しています。

鶏肉は、宮城県から取り寄せた「日南どり」です。それぞれの部位が一番おいしく感じられるように、丁寧な下処理を行ってから1本1本手刺ししています。絶妙な炭火加減と塩加減は、これまで培った経験あってこそのもの。吞々だから食べられるおいしさを知っていただきたいです。

--両店ともに宴会利用ができるので、この冬も多くのお客さまでにぎわいそうですね。

おいしく楽しい時間を過ごしていただければ何よりです。宴会利用は、本店が35人まで、吞々Ⅱは25人まで対応できます。ありがたいことに、宴会シーズンではない時期でも週末は1週間前ほどからご予約で埋まっていきます。お早めのご予約をお待ちしております。


炭火焼き鳥屋 呑々本店/呑々Ⅱ/呑々Ⅲ

山陽小野田に本店を構える居酒屋「炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)」。焼き鳥へのこだわりやオススメのメニューなどについて、店主の藤川盛義さんに話を聞きました。

--ビールが進む暑い夏がやってきましたね。

ビールといえば、やはり焼き鳥でしょう。当店では宮崎県直送の「日南どり」を使い、一串一串にこだわりをもって提供しています。例えば「砂ずり」ならシャキシャキした食感が味わえるよう丸ごとを串に刺し、「皮」はしっかりと伸ばしてパリパリに焼き上げるなど、各部位に合った下処理を行います。大きめのカットで食べ応えがあることも特長です。

--炭火での「焼き」にもこだわりがありそうです。

もちろんです。「焼き鳥は主が焼かずして誰が焼く」ということで、本店では私が、宇部の呑々Ⅱ・Ⅲでは私の技術を受け継ぐ各店の「主」がこだわりを持って焼いています。絶妙な炭火加減も塩加減もお任せください。遠赤外線で火を通した焼き鳥はジューシーで格別ですよ。一味違う、焼き鳥店の味を堪能していただきたいです。

--夏に負けない熱い思いが感じられます。単品料理も充実しているそうですね。

焼き鳥店ながら、単品料理もバラエティー豊富です。サッパリとした前菜や焼き物、揚げ物、シメのお茶漬けやうどんもそろっています。

私のオススメは、本場・熊本直送の「馬刺し」(800円~)です。上質で新鮮な馬刺しは、馬刺し専門店から仕入れています。お客様からは、海鮮入りの「山芋ステーキ」や「くじらの竜田揚げ」(以上、600円)、「手作りせせりつくね」(500円)も人気ですよ。

また、「おすすめの一品料理」は8月20日ごろから新しい内容に入れ替わります。炭火焼き料理や揚げ物、洋食など、お酒が進む約15種類の単品料理が加わるので、こちらもご賞味ください。

--宴会にも対応できるので、コース利用も多いと聞きました。

そうですね。コースは4,000円、4,500円、5,000円の3種類。いずれもおまかせの焼き鳥5本と、一品料理8品、100種類のドリンクから選べる飲み放題(2時間)が楽しめて、4,500円なら野菜串2本とデザート、5,000円なら刺し盛りが付きます。利用は8名様からで、前日までのご予約をお願いします。

--本店は7月で移転から1周年を迎えました。ご様子はいかがですか。

30人以上の団体利用ができたり、4人ほどで仕切れる個室があったりと小野田に少ない店のため、「本店ができてよかった」と喜んでいただけています。特に周辺のビジネスマンの利用が多く、ありがたいことに週末は満席状態が続いています。平日であれば余裕のある日もありますが、お早めにご予約をいただければ確実です。

宴会利用は本店が35人、宇部のⅡ・Ⅲは25人まで対応できます。夏ですから大人数で楽しくワイワイ、にぎやかに過ごしてもらえればうれしいです。もちろん味には妥協せず、これからもこだわりの焼き鳥をお届けします。


炭火焼き鳥屋 呑々本店/呑々Ⅱ/呑々Ⅲ

山陽小野田で移転オープンした居酒屋「炭火焼き鳥屋 呑々(どんどん)本店」。焼き鳥へのこだわりや冬のコースメニューについて、店主の藤川盛義さんに話を聞きました。

dondon_1--3店舗で提供されている「焼き鳥」へのこだわりについて聞かせてください。

はい。当店では健康で新鮮な「日南どり」を宮崎県から直接仕入れ、丁寧な下処理を行ってから1本1本手刺ししています。そして、炭火を使って焼き、遠赤外線で中まで火を通すことでジューシーな味わいを実現しています。

本店では私が鶏のカットから焼きまでの全行程を行い、宇部の「呑々Ⅱ」「呑々Ⅲ」では技術を伝えた各店の店長が焼き鳥を担当しています。「焼き鳥は主が焼かずして誰が焼く」の気持ちで、絶妙な炭火加減や塩加減にこだわっています。

--焼き鳥にかける熱い思いが伝わってきます。この冬のコースメニューについて教えてください。

当店では「4,500円コース」として、通常はおまかせの「焼き鳥メニュー」5本と、一品料理8品、さらに野菜串とデザートをお出ししていますが、冬季(11月10日ごろ~3月末まで)は野菜串とデザートを「鍋」に変更してご提供します。

dondon_3鍋の種類は、鶏すき・水炊き・キムチ鍋・モツ鍋・湯豆腐の中から気まぐれでお出しするのでお楽しみに。焼き鳥5本は、盛り合わせてお出しするのではなく、1種類1種類を焼き立てでご提供します。それぞれの旨みをご賞味ください。

鍋を除いた内容の「4,000円コース」、4,000円の内容に刺し盛りを付けた「5,000円コース」もあり、いずれも100種類のドリンクから選べる飲み放題(2時間)が付きます。利用は8名様からで、3日前までのご予約をお願いします。

--単品料理のオススメも教えてください。

焼き鳥メニューが充実していることはもちろんですが、単品料理もさまざまな種類をご用意しています。中でも「おすすめの一品料理」は、お客さまを飽きさせないよう、シーズンごとに入れ替えています。

11月からは「合鴨モモ肉のコンフィー」(写真2枚目)や「チキン南蛮」(以上、700円)、「カキフライ」や「パーナ貝の香草焼き」、「ロールキャベツのチーズ焼き」(以上、600円)など16種類の提供が始まりました。そのほか、5種類の鍋も単品メニューとしてお1人様用からお出しできますよ。

dondon_2--移転後のお店のご様子はいかがですか。

4~5人で仕切れる個室があったり、30人以上で利用できたりと小野田エリアには少ないスタイルが喜ばれています。ありがたいことに週末は満席状態が続いていますので、お早めにご連絡いただければと思います。

宴会利用は、本店が35名まで、Ⅱ・Ⅲは25名まで対応できます。にぎやかな宴会や忘・新年会などで焼き鳥や鍋を楽しんで、心も体もあたたまる冬の夜をお過ごしください。