タグ:山陽小野田 ランチ


イタリアンダイニングFRIGO(フリゴ)

小野田バイパス沿いの「FRIGO」が提供する料理は、華やかな見た目で気分が高まり、食べれば本格的な味わいの創作イタリアン。単品もコースもバリエーション豊富で、ご予算や場面を問わずご利用いただけます。定番人気や今年のクリスマスディナーをご紹介します。

■12月22日~25日、世界三大珍味が味わえる「スペシャルディナー」を

クリスマス前の週末から4日間限定「スペシャルディナー」を2種類ご用意しました。世界三大珍味(トリュフ、キャビア、フォアグラ)をはじめ、選りすぐりの食材を使った贅沢なメニューで特別な時間を演出いたします。

クリスマスを過ごすカップルやご夫婦だけでなく、年に一度は特別な料理を食べたいという方もぜひご利用ください。一組最大18組限定。ご利用は2人以上、3日前までのご予約をお待ちしています。

//
ご予約でファーストドリンクをサービス!
\\

【8,800円コース】
・新鮮な魚介類のマリネ 彩野菜のビネグレット
・活オマール海老の温かいサラダ仕立て 黄柚子の香りとオマールのクレマの泡
・トリュフと色々なキノコのフェットチーネ
・萩産鮮魚のアクアパッツァ
・宇部牛イチボのロースト フォアグラを添えてマルサラのソースで
・クリスマスカラーのロールケーキとピスタチオのジェラート

【6,600円コース】
・色々な魚介のマリネとカラフルな野菜で~クリスマス風サラダ仕立て~
・チンタセネーゼのラグーとキノコのタリアテッレ
・萩産鮮魚とブルターニュ産ムール貝でアクアパッツァ風
・和牛とヒレのローストフォアグラを乗せてロッシーニ風
・クリスマスデザートのロールケーキとピスタチオのジェラート

■目の前でチーズがとろ~り!「ラクレットチーズと肉バルコース」! 

FRIGOの看板コースになりつつあるのが「ラクレットチーズと肉バルコース」。人気料理がまるっと味わえて、メイン料理はお好みやご予算によって選べる点も好評です!

花畑牧場のラクレットチーズは、お客さまの目の前で温野菜などにかけてご提供します。テンションが上がるライブ感と、アツアツで香ばしいチーズの味わいで満足度◎!

【内容】 2名以上、2日前までの要予約

<選べるメイン料理> ※カッコ内はコースの価格
・長州鶏のグリル バルサミコ酢ソース(3,000円)
・マンガリッツァ豚の低温ロースト(4,000円)
・宇部牛イチボのグリル 赤ワインソース(5,000円)
・お肉3種盛り(長州鶏・マンガリッツァ豚・宇部牛イチボ)(5,500円)

 <コース内容>
メイン料理/生ハムとトマトのシーザーサラダ/新鮮な魚介類のカルパッチョ 彩り野菜添え/ラクレットチーズと温野菜(インカの目覚め・チョリソー)/自家製フォカッチャ/本日のパスタ/デザート盛り合わせ

全7品。+1,500円で2時間飲み放題に♪

 

■日曜~木曜限定の予約制「カジュアルコース」はランチ利用OK!

「ランチタイムに忘年会をしたい」「ママ友とちょっと贅沢したい」。そんな日は時間帯を問わず利用できる「カジュアルコース」(2,750円)をどうぞ。秋鮭やポルチーニ茸など、季節の食材を使った料理が並びます。

【内容】 2名以上、前日までの要予約

本日の前菜6種盛り/3種から選べるパスタ(トマトソース・ペペロンチーノ・クリームソース)/本日の肉or魚料理/プチデザート3種盛り合わせ/自家製フォカッチャ/ドリンク

■白と黒のモダンな店内で、ゆったりとお食事を

こぢんまりした個室、オープンキッチンのカウンター席、広々と使えるテーブル席あり。お1人での食事、少人数の女子会や飲み会、貸し切りにもご予算に合わせてご対応いたします。「おいしいものが食べたいな」と思った時には、いつでもFRIGOの扉を開いてください。


ラーメン五代目YUTAKA

10月1日に1周年を迎えた山陽小野田のラーメン店「五代目YUTAKA」。同店の楽しみ方を、店主の深田潤也さんに聞きました。

--まずは1周年おめでとうございます。

ありがとうございます。当店は、神奈川県吉村家発祥の「家系ラーメン」を提供しています。地域の皆様に支えられて、無事に1周年を迎えることができました。試行錯誤を繰り返しながら、あっという間に過ぎた1年でした。

平日のランチタイムには、ガッツリと食べられるビジネスマンの方や現場仕事の男性方が多く、週末にはご家族連れのお客様に多くご来店いただいています。当店はカウンターと座敷席を完備していますので、お一人様にも、ゆっくりと過ごしたいお子様連れの方にも安心してお越しいただけます。

--看板メニューについて教えてください。

東京の醤油と九州の豚骨を合わせた、金色に輝く醤油豚骨スープに、チャーシューやほうれん草、煮卵などをトッピングした「五代目豚骨ラーメン」(750円)です。金色の秘密は鶏油で、味がぐっと円やかになります。中太ストレート麺でご提供しています。最後にご飯を入れて、おじや風にするのもおいしいです。

2回目以降のご来店でオススメなのが、家系醤油タレを絡めた汁なしの「油そば」(750円)です。通常のラーメンのトッピングに加えて、「刻みチャーシュー」をトッピングしています。また、無料の「刻みタマネギ」のトッピングもご用意しています。「家系ラーメン」では定番なのですが、シャキシャキとした食感が楽しめて、変化が出るのでオススメです。卓上の雄や豆板醤で好みの味付けに変えられるのも、ポイントです。

当店では、麺の量を麺2玉の「大」「中」「小」とご用意していますので、お腹具合に合わせてお選びください。さらに、中太麺を細麺に変更することもできます。お気軽にお申し付けください。

--サイドメニューが豊富ですね。

「焼餃子」(10個450円)や「水餃子」(360円)、「チャーシュー唐揚げ」(450円)などが人気で、豊富にそろえています。中でも、ご飯ものの種類が豊富で、一番人気の「肉めし」(250円)や「ねぎめし」、「とりめし」(以上150円)など7種類があります。

最近では、樽生のノンアルコールビール(390円)や定食類のラインアップにも力を入れているほか、夜は、お好きなアルコールと2種類のチャーシュー、海苔とキムチの「ちょい飲みセット」(580円)をご用意しています。写真は「餃子肉めし定食」(400円)にノンアルコールビールの組み合わせです。

--ハロウィン仕様のラーメンも可愛らしいですね。

当店は、山陽小野田市が行っているハロウィンイベント「スマイルハロウィン2019」に参加しています。10月の1カ月間は、カボチャを添えてお化け形に切り抜いたチーズをトッピングした「ハロウィンラーメン」を数量限定でご提供しています。ぜひお試しください。

--2年目も楽しみですね。

はい。今後もまだまだ進化できるように、頑張っていきたと思います。女性のお一人様もお子様連れやご年配の方まで、地域に密着し愛される店にしていきたいです。


季節体験農場 花の海

四季を五感で楽しめる、山陽小野田・埴生の季節体験農場「花の海」。ほくほくおいしいカボチャやサツマイモが食べ頃です。採れたての秋の味覚を使ったランチセットやスイーツなど、初秋の見どころを同園総合交流部の金子陽平さんに聞きました。

――9月に入って秋の新メニューが始まりましたね。まずは今月のランチセットについて聞かせてください。

花の海で収穫したロロンカボチャを使い、今月はもちもち食感のニョッキを作りました。上品な甘さのニョッキ、ブナシメジや地元産シイタケなどのキノコ類、船方農場のベーコンを、まろやかなクリームソースでご提供します。さまざまな味や食感が味わえる一皿なので、旬の食材のコラボレーションを楽しんでください。

9月はランチセット「カボチャのニョッキ」(1,380円)として、平日のみ一日10食限定でご提供します。季節の野菜サラダ、カボチャスープ、カボチャの丸パンも付くのでボリューム満点ですよ。

――今だけのニョッキをぜひ味わってみたいです。秋のスイーツも充実していますね。

そうですね。ショーケースにもカボチャを使ったスイーツが並びました。新作の「カボチャのパウンドケーキ」(300円)はカボチャと小豆を練り込んだ、ずっしりと濃厚なケーキです。アーモンドとユズジャムの風味も相まって、爽やかなスイーツに仕上がりました。

ほかにも今しか食べられないメニューが登場しています。この夏テーブル席が増えて、外の景色が眺められるカウンター席もできたので、カフェタイムにもゆっくりとご利用ください。

◆秋のスイーツ・ドリンクメニュー
・カボチャプリン(250円) ―― カボチャの甘さにカラメルがマッチ
・スイートパンプキン(250円) ―― 毎年好評の秋スイーツ
・かぼちゃ or 紫いもソフト(400円) ―― 船方農場直送の生乳使用
・下関産の梨スムージー(600円) ―― 新鮮スムージーはテークアウトOK

――パン工房からは焼きたてパンの良い香りがしてきました。お土産に買って帰ろうかな。

ぜひどうぞ。こちらも9月から新商品の販売が始まりました。バターが香る「花海 旬野菜のパンキッシュ」(200円)は具材が秋バージョンに。カボチャを練り込む「かぼちゃクリームチーズパン」(150円)は、クリームチーズ入りの白あんと自家製カボチャカスタードを包み、型に入れてかわいらしく焼き上げます。

サツマイモを使った商品もございます。おいも型の「おいもぱん」(150円)は黒ゴマが入った生地で、自家製サツマイモフィリングを包んだ商品です。「さつまスティック」(180円)はふわふわの生地に紫イモのシートを織り込み、味も見た目も自慢の商品に仕上がりました。

季節の商品はほかにも登場予定です。販売はカボチャやサツマイモの時期が終わるまでですので、食べ逃がさないようにご来店ください。

――秋といえばコスモス畑も見どころですね。今年の様子はいかがですか。

いち早く見頃を迎えるキバナコスモス30万本は10月中旬まで、ピンクのコスモス70万本は10月下旬~11月中旬まで咲き誇る予定です。さらに今年は、敷地内にガーデンマム7千株を植えていて、例年以上ににぎやかでカラフルな景色はインスタ映え間違いなしです。何より気持ちがいいので、ぜひ花の海で秋の風景や味をお楽しみいただければ幸いです。


FRIGO(フリゴ)

小野田バイパス沿いの「FRIGO(フリゴ)」は女性客に人気のイタリアンダイニング。一皿一皿の味わいや盛りつけにこだわり、上質ながらもカジュアルに楽しめるメニューをご用意しています。新しく提供を始めたランチコースなど、店主の原田了輔さんに聞きました。

--ディナータイムに好評の「カジュアルコース」(2,500円)が、ランチタイムにも楽しめるようになったそうですね。

はい。「お昼もコースを食べたい」というご要望を受けて、日曜~木曜限定の予約制コースとしてご提供を始めました。特別なお祝いの日のランチや、ちょっと贅沢をしたい時などにご利用いただいています。

--詳しい内容を教えてください。

当店の人気料理を楽しめるコースで、以下の全6品です。

・本日の前菜6種盛り
・3種から選べるパスタ(トマトソース・ペペロンチーノ・クリームソース)
・本日の肉or魚料理
・プチデザート3種盛り合わせ
・自家製フォカッチャ
・ドリンク

旬の食材を取り入れた料理をご用意するので、季節による変化を感じていただけます。9月はキノコや秋ナス、ナシもおいしい季節ですし、もう少し秋が深まればクリやカボチャなども登場します。

ご利用は2名以上で前日までのご予約をお願いいたします。「パスタorピザセット」(980円)もこれまで通り提供しているので、より幅広いシーンでご利用いただけるかと思います。

--FRIGOの座席は広々としているので、ゆったりとコース料理を味わっていただきたいですね。

そうですね。お友達やご家族との会話が弾むようなランチタイムを過ごしてもらえるよう、調理だけでなく店の雰囲気づくりにも気を配っています。個室(~4人)もございますが一室なので、ご予約いただければ安心かと思います。

--秋から冬にかけてオススメの料理についても聞かせてください。

夏場はお休みしていた「ラクレットチーズ」(1,500円~)が復活しました。チョリソーと温野菜にアツアツのラクレットチーズをかけて味わうメニューです。とろけたチーズをかける様子を目の前で見られるライブ感や、濃厚な香りと味わいなどが好評で、特にチーズ好きにはたまらない一品です。

こちらも昼夜ともにご注文いただけます。ランチタイムは「パスタorピザセット」と合わせてご注文いただき、シェアして食べてもいいかもしれません。

--そうですね。食欲の秋ですから、いろんな味覚を楽しんでいただきたいですね。

はい。さまざまな単品料理もございますから、「おいしい料理が食べたい」と思った時にはぜひご来店ください。時には少し珍しい食材を仕入れたり、いつもとは違ったメニューをラインアップしたり、それから盛りつけ方を変えてみたり。趣向を凝らしながら、皆さまのご来店をお待ちしています。


季節体験農場 花の海

夏を満喫するなら、山陽小野田・埴生の季節体験農場「花の海」。家族でゆっくり過ごすもよし、友達とランチをするのもよし。夏限定のランチセットやスイーツなど、同園総合交流部の金子陽平さんに聞きました。

――暑い夏がやってきました。「花の海」ではどんなものが旬を迎えていますか。

夏野菜で真っ先に思い浮かぶスイートコーン、食欲をそそる香りのバジル、そして一粒一粒が大きくて甘いブルーベリーが食べ頃を迎えています。スイートコーンやブルーベリーは収穫体験ができますし、もちろんランチやスイーツ、パンにも採れたての食材を使っています。

――農園だからこそのグルメ、いつ来ても新鮮で魅力的ですね。まずはランチについて詳しく聞かせてください。

はい。8月中旬まで提供するのは「バジルクリームパスタ」。畑で採れたフレッシュバジルをペーストにし、濃厚ながらも爽やかなクリームパスタです。ズッキーニなどの夏野菜もふんだんに使い、彩り豊かに仕上げます。

サイドメニューはスイートコーン尽くし。ボリューミーなサラダ、コーンスープ、コーンパンが付きます。糖度の高いスイートコーンを、さまざまな形に調理しています。

――盛りだくさんなランチセットですね。スイーツも気になります。

スイーツには、ブルーベリーを使ったメニューがたくさん登場しています。定番人気は、特製ソースをかけた「花夏ソフト」や「ブルーベリータルト」(以上400円)、やさしい甘さの「ブルーベリースムージー」(600円)です。そして今年初めて登場したのが「Wベリージェラート」(530円)。花の海で採れたイチゴとブルーベリー、2種類のジェラートをセットにして提供します。ぜひ食べ比べてみてくださいね。

――農園を散歩した後の一休みにもピッタリです。季節のパンも続々登場していますね。

そうですね。パン生地にスイートコーンを練りこみ、中にもコーンを詰めた「おおものづくし」(140円)、「夏野菜とピリ辛ミートのフランスパン」(220円)、子どもにも人気の「まよコーン」(180円)など、パン職人が腕によりをかけて焼き上げています。

ブルーベリーを使ったパンもお土産にどうぞ。ブルーベリー入りの生地にジャムを巻き込んだ「ブルーベリーブレッド」(1本560円、ハーフ280円)、生クリームを挟むスイーツパン「ブルーベリーほいっぷ」(230円)など、食べ逃しのないように。

――そして、忘れてはいけないのがヒマワリ畑です。今年の生育状況はいかがですか。

今年も70万本のヒマワリを栽培しています。例年通りなら7月20日ごろに咲き始め、7月下旬~8月初旬にかけてピークを迎える予定です。合わせて、今年はヒマワリ畑の手前にサンパチェンス1万本も栽培しているので、より鮮やかな花畑をご覧いただけると思います。

7月にはイートインスペースの机や椅子を一新しました。ご家族やお友達とご来店いただき、五感で夏を満喫していただければうれしいです。


きらら交流館

心温まるおもてなしや景観に癒やされる「きらら交流館」。今年も夏恒例のバーベキューが本格シーズンに突入し、館内の「レストランやけの」には新メニューが登場!レストランの田中三夫店長に話を聞きました。

--夏の「きらら交流館」といえば、やっぱりバーベキューですね。交流館ならではの魅力は何でしょうか。

青い海が目の前に広がる景観が最高で、日中は海風を浴びながら、夕方は「日本の夕陽100選」認定の美しい夕陽を眺めながら、バーベキューで夏を満喫することができます。屋根付きのウッドスペースで行うので、日差しが強い日や気候が不安定な日も安心ですよ。

食材のご用意から片付けまで、面倒なことは全てスタッフにお任せください。お客さまには手ぶらでお越しいただき、楽しい思い出を作ってご帰宅いただければ、私たちもうれしく思います。

--良いこと尽くしですね。詳しい内容や料金についても教えてください。

 牛肉(ロース、カルビ、ホルモン、タン)、豚ロース、手羽先、骨付きウインナー、鶏ニンニク串、エビ、ホタテ、盛りだくさんの野菜7種類、焼きおにぎりまで、ボリューム満点の内容です。地元産食材も使ってご用意いたします。

 料金は、小学生以下=2,200円、中学生以上=3,800円。飲み放題は2時間1,500円(以上税込)です。3人程度から最大30人までご対応できるので、ご家族や仲間内での食事、子供会、大規模なバーベキューパーティーなど、幅広くご利用ください。(3日前までの要予約、9月中旬まで)

--「レストランやけの」には、夏の新メニューが登場するそうですね。

はい。暑い季節でも食べたくなる麺料理2種類を7月中旬ごろから提供します。

まずは「焼きナポリタン」(650円)。昔ながらのケチャップ味のナポリタンを、鉄皿に乗せてアツアツでお出しします。どこか懐かしさがあり、誰もが好きな味だと思います。もちもちで弾力ある中太麺を250グラムも使うのでボリューム満点です。

もう一品は冷たい「サラダラーメン」(750円)です。ラーメンの細麺に野菜サラダと豚しゃぶを乗せ、ツユは蕎麦だしをベースにレモン酢とゴマドレッシングを入れ、ほんのりと酸味を感じる味に仕上げました。温玉をトッピングすれば、マイルドさがプラスされて、一味違ったおいしさに変わります。当店オリジナルメニューをぜひご賞味ください。

--季節感があっていいですね。あとは食後のスイーツで締めくくることができれば……。

もちろんスイーツもございますよ。夏といえば「かき氷」(270円、イチゴ味・マンゴー味)。果物そのものの味を感じるような、品のあるフルーティーなシロップがかかります。

このカキ氷にソフトクリームを乗せる「氷フロート」(310円)も人気です。テークアウトもできますから、カキ氷を片手に海辺で過ごすのもオススメです。

--夏もいろいろな利用ができそうです。お子さまからご年配まで、幅広い世代にご来館いただきたいですね。

そうですね。お食事にご入浴、ご宿泊などでゆっくりお過ごしいただき、リフレッシュしていただければと思います。当館には館内情報だけでなく、周辺の観光スポットに詳しいスタッフもおりますので、焼野海岸近くに立ち寄られた時にはぜひ気軽に足をお運びください。


季節体験農場 花の海

山陽小野田・埴生の「季節体験農場 花の海」。施設内レストラン「いたりあん食堂」のこの季節オススメのメニューなど、同園総合交流部の片岡さんに話を聞きました。

--爽やかな季節になりましたね。

そうですね。初夏はたくさんの野菜や果物が旬を迎える時期でもあります。食事や体験活動を通じて、心地よい季節を満喫していただきたいです。

--「いたりあん食堂」では、旬の野菜のメニューがあると聞きました。

はい。パスタやピッツァなどに季節ごとの野菜をふんだんに取り入れます。5月のオススメは「新玉ねぎのオイルパスタ」(1,280円)です。新玉ねぎのポタージュとサラダ、パンが付く野菜メインのセットになっていて、ボリュームもしっかりあります。

小ぶりで売り物にはならないものの、味はしっかりおいしい新玉ねぎを丸ごと1個トッピングして、見た目でも楽しめる一品です。スナップエンドウやキャベツなど野菜もたっぷりで、シャキシャキの食感と甘みを楽しめると思います。

そのほかにも和風スープパスタやトマトソースパスタなど日替わりランチ、季節ごとに具材を変える「季節Pizza」(1,160円)も好評をいただいています。

--季節に合わせて楽しめるランチは「花の海」ならではですね。

ありがとうございます。自分で収穫した野菜をピザにのせて焼く「石窯ピッツァ作り体験」も、これからの季節、ご家族連れにお薦めです。

今から夏に向けてたくさんの食材が旬を迎えます。6月下旬頃からはブルーベリー狩りが始まります。ブルーベリーのスイーツも用意する予定ですのでお楽しみに。イチゴスイーツも5月末までご提供しています。

さらに当園でこれから推していきたいのは、園内でたくさん獲れるジャガイモですね。ジャガイモを使ったパンや、ランチのセットメニューにつく「ジャガイモの自家製ニョッキ」がお薦めです。バジルやスイートコーンなどもあるので、収穫体験と合わせてお食事も楽しんでいただければと思います。

--今シーズンも盛りだくさんですね。

生産者の顔が見え、採れたてのものが安心安全に食べられることが当園の強みです。農業をもっと身近に感じてもらえればうれしいです。ご来園をお待ちしています。


FRIGO(フリゴ)

小野田バイパス沿いの「FRIGO」は、女性に人気のイタリアンダイニング。手作りにこだわる料理が好評で、今年2月に2周年を迎えました。イチオシのコース料理、3月からの新ディナーなど、店主の原田了輔さんに話を聞きました。

--原田さんが作る料理は華やかで、季節感やトレンドも取り入れられていますね。春のパーティーに、オススメのコースはありますか。

チーズ好きにはたまらない「ラクレットチーズと肉バルコース」(2名以上、2日前までの要予約)は、少人数の飲み会にも、大人数のパーティーにもオススメです。当店自慢の料理がまるっと楽しめますし、メインを選ぶことができることもポイントです。

 

--内容や価格を詳しく教えてください。

コース料理は、メイン料理によって変わる設定で、

・長州鶏のグリル バルサミコ酢ソース(3,000円)
・マンガリッツァ豚の低温ロースト(4,000円)
・宇部牛イチボのグリル 赤ワインソース(5,000円)
・お肉3種盛り(長州鶏・マンガリッツァ豚・宇部牛)(5,500円)

の4種類をご用意しております。食べたい料理やご予算に合わせて、お選びいただければと思います。

このメインに、「生ハムとトマトのシーザーサラダ」「新鮮な魚介類のカルパッチョ 彩り野菜添え」「ラクレットチーズと温野菜(インカの目覚め・チョリソー)」「フォカッチャ」「本日のパスタ」「デザート盛り合わせ」の6品がつき、プラス1,500円で2時間の飲み放題もご利用いただけます。

--ラクレットチーズは、温野菜とチョリソーにかけて味わうのですね。

そうです。アツアツのラクレットチーズを、お客さまの目の前でおかけしますので、ライブ感もお楽しみください。

「山口宇部経済新聞を見た」とご予約いただいた方には、「追加ラクレットチーズ」をサービスします(3月22日まで)!

お肉にかけたり、フォカッチャにかけたりと、贅沢に味わってみてはいかがでしょうか。

歓送迎会や女子会、卒業パーティーなどでご利用いただければ、思い出に残るディナータイムになると思います。

--3月から平日限定(火曜~木曜)で、夜でもランチセットが注文できるようになるそうですね。

はい。好評の「パスタorピッツァランチ」をディナータイムにもご提供します。カジュアルな食事会や、ちょっと外食したい日などにご利用いただければうれしいです。

--こちらもセットの詳細を教えていただけますか。

価格帯は3種類で、「ランチA」(980円)はサラダ・フォカッチャ・ドリンク付き。「ランチB」(1,200円)はAにデザートが付きます。そして「ランチC」(1,500円)はBの内容からサラダが前菜の盛り合わせにランクアップします。

メインは日替わりで、パスタ3種類、ピッツァ4種類からお選びいただけます。定番の味も、季節食材を使ったメニューも並ぶので、いつ来ても新鮮に感じていただけると思います。

春は、私も大好きなタケノコやキャベツ、フランス産のホワイトアスパラも使う予定です。楽しみにしていてくださいね。

--今年2月19日に2周年を迎えられました。おめでとうございます。

ありがとうございます。おかげさまでランチタイムは平日でも満席になる日があり、うれしく感じております。

プロとして食材選びも盛りつけも妥協はしませんが、価格はカジュアルに利用できるよう設定しています。外食でほっと一息つきたいとき、友達とおいしい料理を楽しみたいとき、にぎやかにパーティーしたいときなど、気軽にお店のドアを開けてください。みなさまのご来店をお待ちしています。


地産馳走 飛寅(ちさんちそう ひとら)

旬の地産食材を味わうなら、JR小野田駅前の「地産馳走 飛寅」へ。落ち着ける居酒屋として親しまれ、昨年5月からはランチ営業も開始。2019年3月で4周年を迎えます。こだわりの詰まった料理や4周年記念イベントについて、店主・高木祐太朗さんに聞きました。

--飛寅で提供する料理について、教えてください。

夜は、「蕎麦・肴・地酒」をテーマに地元で採れた食材を使って、お酒が進む料理をご提供しています。定番メニューは「もも肉の柚子こしょう焼き(長州どり使用)」(650円)、「鯨の竜田揚げ」(700円)、「黒毛和牛のカルパッチョ」(1,500円)、〆にピッタリの「ざるそば」(550円)など、40種類以上のメニューがあります。

「本日のおすすめ」として、旬の地魚の刺身、季節野菜の天ぷらなどもご用意しています。素材の良さがストレートに味わえるように、凝りすぎずシンプルに調理してお出しします。旨みや甘み、苦みなど、その食材のおいしさを存分にお楽しみください。

--コース料理もあるので、この時期は宴会利用も増えそうですね。

コースは、8品3,000円からご予算に応じてご用意しておりますので、ご予約の際に内容のご要望をお伝えください。4人以上で飲み放題プランもご利用いただけますし、15人以上なら貸し切りにできますので周囲に気兼ねなくお過ごしいただけます。歓送迎会や同窓会、ママ友会など、さまざまな場面でご利用ください。

--JR小野田駅前では数少ないランチ提供店でもあります。昼のメニューはどのようなラインアップですか。

北海道産のそば粉を使う自家製の二八そばメニューを中心にして、季節野菜の天ぷらが味わえる「天ぷら蕎麦」(1,200円)、満足感ある「長州どり天」(1,100円)、鴨の旨みが凝縮された「鴨南蛮」(850円)などをご提供しています。ツルッとしたのど越しや風味の豊かさが自慢です。

「日替わりそば御膳」(1,500円)は、自慢の二八そばに、季節の天ぷら、日替わりのご飯もの、食後のドリンクまで付くメニューです。ボリューム感もクオリティーもご満足いただけると思います。そのほか、定食などもございます。

--うれしい「学割」もあるので、さまざまな世代にご来店いただきたいですね。

そうですね。食べ盛りの学生(大学生まで)は全メニュー150円引きですから、お腹を満たして勉強も部活も頑張ってもらいたいです。受験シーズンは「合格祈願メニュー」も提供しているので、ゲン担ぎにご来店いただければ。

(関連記事:JR小野田駅前「飛寅」で受験生向け新メニュー 「勝つ」カレーで「受かる鴨」

--移転オープンから今年3月で4周年を迎えますね。

ありがとうございます。おかげさまで無事にここで4周年を迎えられました。感謝の気持ちを込めて、3月21日(木・祝)にイベント「4周年記念 居酒屋ジャンボリー」を開催します。当日は、地元ミュージシャン・ジョニーさんが率いるバンドと、沖縄民謡を歌う島袋りりあさんのライブパフォーマンスがあり、にぎやかな店内でイベント限定メニューをご注文いただけます。入場料は1,000円(ワンドリンク付き)。開催時間は15時~19時ごろまで。お祭り気分でお楽しみください。


季節体験農場 花の海

山陽小野田・埴生の季節体験農場「花の海」。施設内レストラン「いたりあん食堂」で提供するイチゴのスイーツメニューなどについて、同園総合交流部の岡本莉奈さんに話を聞きました。

--イチゴ狩りシーズン真っ最中ですね。イチゴのオススメスイーツがあると聞きました。

はい。農場で収穫した今が旬のイチゴを贅沢に使ったスイーツを多数ご用意しています。今シーズンのイチゴも例年通りおいしく実りました。イチゴ狩りと併せてスイーツを楽しまれる方が多いです。

--あらためて、内容を教えてください。

一番人気は、摘みたてのイチゴ150gを絞った「フレッシュジュース」(600円)です。一般的なイチゴパックの2分の1の量をふんだんに使います。甘酸っぱい素材の味が生きて、さわやかだと好評をいただいています。多いときには1日300杯売れます。

人気No.2は「プレミアムいちごソフト」(480円)です。船方農場直送の生乳を使うソフトクリームに、たっぷりのイチゴとソース、ラスクをトッピングした贅沢な一品で、冬でも人気が高いです。

--寒い時期にも食べたくなるおいしさなのですね。ほかにもたくさんの種類があると聞きました。

「いちごのタルト」(400円)や「いちごのシュークリーム」(210円)も、よく売り切れる定番メニューです。もちもちのパンにたっぷりのイチゴとカスタードを挟んだ「いちごちゃんのほっぺ」(250円)も幅広い世代に人気です。

ジャムを入れて味わう「いちごの紅茶」(400円)もあります。イチゴ狩りのあと、ほっと一息つきたいときに温かくてオススメです。

--イチゴづくしのラインアップですね。レストランではランチメニューも充実していますよね。

はい。パスタやピザなど、採れたての農作物を使った料理を提供しています。ランチセットはメイン料理からサイドメニューまで日替わりで、旬の野菜を楽しめる限定メニューもご用意しています。

「トマトソースのペンネグラタン」は3月末まで、1日10食限定でご提供します。トマトソースとホワイトソース(船方農場の牛乳使用)を使い、チーズを乗せてアツアツでお出しします。ブロッコリーやハクサイ、イタリアン野菜のロマネスコなど、旬の野菜もたっぷり味わえますよ。

単品メニューには3月から、花の海オリジナルピザ「ビスマルク」が登場します。自家製のホワイトソースをベースに、船方農場のハムやベーコン、チーズを乗せました。とろっとした温玉がマッチしていて、まだ肌寒い春先にピッタリです。ぜひ焼き立てをお召し上がりください。

--さまざまなグルメがあって目移りするほどです。ぜひイチゴ狩りの前後にご利用いただきたいですね。

そうですね。生産から食事の提供まで「作り手の顔が見える」のが当園の強みです。飲食スペースも売店も開放感がありますから、ゆっくりと1日を過ごしてリフレッシュしていただければ何よりです。ぜひ五感で季節を感じて、お楽しみください。